戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月3日『のぶニャがの野望』正式サービス開始!(Yahoo! モバゲー様) | main | 今月のビニルバッグは「山中幸盛」! >>

「我は利家の影武者」−北國新聞様コラムより−

今日の北國新聞様のコラム「時鐘」より
息抜きの読み物にどうぞ〜^^

悪さのタネは尽きないもの、と半ば感心する。ネットの投稿を利用した入試のカンニング疑惑が世間を騒がせる合格したいという必死な思いよりも、ひと騒動起こしてみるか、というけしからぬ気配がする。他人から知恵を借りておいて「ベストアンサー」とは、おふざけが過ぎる。新手の身代わり受験のようなものである前田慶次は、戦国時代が好きな女性に人気の武将で、真偽とりまぜて多くの逸話を残す。加賀藩祖・利家の影武者を命じられたが、偽者役に我慢ができず、戦場で堂々と「われは利家の影武者である」と名乗りを上げ、敵をあきれさせたとかネット上で、わが回答は借り物である、とあっけらかんと正体をさらすのは、「花の慶次」気取りの悪さに似る。周囲を慌てさせ、怒らせて悦に入る。だが、世の中、似て非なるものは、いくらもある慶次が影武者と名乗ったのは、利家よりも器量が優れているという自負があってのこと。事実、藩祖に劣らぬ名を残した。ネットに流れた「影武者」の回答は、随分怪しい中身だったそうである。回答者が偽なら、答えもマユツバもの。お粗末な話である。
戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする