戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スカイツリーは臨時休業中ですが、戦国魂天正記(東京ソラマチ店)は営業中です。 | main | 戦国魂LINEにて「「3」と言えばこの方々!?」投票受付中です^^ >>

3月16日(月)22時より放送の『にっぽん!歴史鑑定』は再放送「秀吉の中国大返しの真実」(BS-TBS様)

本日の『にっぽん!歴史鑑定』は再放送となりますが「汚名返上!武田勝頼と豊臣秀次は名君だった!?」です。

明智光秀や黒田官兵衛、今川義元など、最新研究によって今までのイメージとの相違が明らかになってきていますが、今回は勝頼と秀次!!現代で言う2世タレントの苦労・・・・ご覧になれます方はぜひお忘れなく!^^

【下記内容は番組HPより】
天正10年6月2日早朝。
戦国の歴史を大きく変えた「本能寺の変」が起こった。
天下取りを目前にしていた織田信長が家臣・明智光秀の謀反にあい、自害。
そんな主君の仇を討ったのは、豊臣秀吉だった!
備中高松城から決戦の地「山崎」までおよそ200キロを8日間で走破した、神業とも言われる強行軍「中国大返し」は、如何にして成し遂げられたのか?
備中高松城で、毛利軍との戦の最中だった秀吉が、なぜ、他の織田家の家臣たちよりも早く京都に戻る事ができたのか?
「中国大返し」成功の裏には、秀吉の巧みな情報操作と人心掌握術があった?
重い武具を装備しながらスピード移動を可能にした秘策とは?
実験で徹底検証!さらに、定説を覆す新たな説も!
そこには、秘策があった!?
中国大返し、そして、秀吉と光秀が対決した山崎の戦いまでの真相に迫る!

 

ナビゲーター:田辺誠一

 

#161「秀吉の中国大返しの真実」(再)

放送日:2020年3月16日(月)22:00〜22:54(BS-TBS)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする