戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【戦国魂オンラインショップ】「連結アクリルキーホルダー」に冬季限定ロゴパーツ登場です!^^ | main | 本日放送の『新説!所JAPAN』は「京都二条城ミステリー信長より怖い家康の本性&天守2つの謎」(フジテレビ様) >>

2月4日(火)午前10時から申し込み開始!三重県桑名市ふるさと納税「刀剣の取り扱い」(桑名市様)

三重県桑名市様のふるさと納税「刀剣の取り扱い」が今年も開催されます。真剣の手入れなどはなかなか教えてもらえたり体験できないものなので、ご興味のある方は是非お早めにご応募してみて下さい^^

 

【下記内容は「株式会社ポニーキャニオン」様プレスリリースより】

ふるさと納税の返礼品は「刀剣の取り扱い」〜刀剣にゆかりのある三重県桑名市が開催へ

昨年も大人気の「体験型」返礼品が2月4日(火)午前10時から申し込み開始

ふるさと納税に対する関心が高まる中、三重県桑名市と市のブランディングを行う(株)ポニーキャニオンは、市内の地域資源を最大限に活かした取り組みを行っている。

桑名を拠点に活躍した刀工「村正」の刀は、三河を中心に広く流通し、徳川家康をはじめとする多くの戦国武将に所持されていた。昨今では人気ゲームにもその呼称が使用されており、認知が広がっている。これまでに桑名市では「村正」の展覧会を2度開催し、近年の日本刀ブームの影響もあってか、全国から多数の刀剣ファンが訪れた。

《短刀 銘 村正》(桑名市博物館蔵)

桑名と言えば「村正」として、認知度が高まる中、今年も「刀剣の取扱い体験」をふるさと納税の返礼品として提供する。昨年の同企画では受付開始から1週間で申し込みが終わってしまう程の人気返礼品となっている。体験の中では、本物の「村正」も実際に見ることができる。2月4日(火)午前10時から申し込みを開始する。

また、体験会が開催される日は、春季企画展として「刀剣幻想曲(とうけんファンタジア)」が開催中。専門用語が多く、親しみづらく思われる刀剣鑑賞を、初心者にも分かりやすく、刀剣・刀装具を中心に展示する。

【概要】
寄附金額10,000円以上で選べるこの体験コースは、桑名の地域資源を活用した小規模な地域体験プログラムの集まりである「桑名本物力博覧会(桑名ほんぱく)」で人気を博したプログラムを、ふるさと応援寄附の返礼品にしたものです。

【内容】
桑名市博物館の学芸員の指導のもと、実際に刀剣の取扱いを体験でき、刀を抜いて油を塗るなど「本物の文化財」の取扱い体験を通じて「学芸員の仕事」を学ぶことができます。体験の中で、実際に村正を見ることもできます。取扱い体験には、館所蔵の別の刀を使用。

【開催日時】
令和2年(2020)3月14日(土)
午前10時、午後1時30分の2回実施。
18歳以上が対象で各回限定先着3名。

【申し込み開始】
令和2年(2020)2月4日(火)午前10時から

【詳細】
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/24205

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする