戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 12月1日(土)開催。「古川城跡」・「小島城跡」発掘調査現地説明会(飛騨市教育委員会様) | main | 正子公也 武将画展『OKAYAMA SAMURAI HEROES』開催中!!(たまののミュージアム様) >>

平成30年度岐阜城跡 山上部の発掘調査、現地見学会は12月1日(日)まで。( 岐阜市教育委員会様)

明日12月1日(土)の午前10時〜正午と午後1時〜3時の2回、岐阜城跡にて現地見学会が行われます。

11月27日から開催中の見学会ですが明日が最後の1日となります。

お時間のある方は是非足を運んでみて下さい^^

 

【下記内容は「織田信長公居館跡発掘調査ホームページ」より】

岐阜城跡 山上部の発掘調査で信長期に築かれた石垣を確認しました!

現地見学について
11月27日(火曜日)〜12月1日(土曜日)
10時00分〜12時00分 13時00分〜15時00分の間
担当者が現地に常駐し、随時説明します。
(雨天中止、中止の際はこのホームページ上でお知らせいたします。)

http://www.nobunaga-kyokan.jp/

 

平成30年度発掘調査の概要
〈所在地〉  岐阜城山上部
〈調査場所〉 馬場〜二ノ門の間の登山道周辺の2ヶ所
(ロープウェー山頂駅から天守閣までの道沿いの中間地点です)
〈調査期間〉 平成30年10月24日〜平成30年12月1日(予定)
〈調査面積〉 約140平方メートル
〈調査目的〉 石垣の基礎構造及び関連遺構の確認


発掘調査でわかったこと
◎信長期に築かれた石垣を確認(1区)
石垣石材が比較的大きく、 石材の間に間詰石(まづめいし)を入念に入れて構築している。
→山麓の信長公居館の石垣と共通する特徴
※『稲葉城趾之図』(伊奈波神社所蔵)に描かれた石垣と対応すると考えられる
  ⇒中腹の石垣に続き、今回も現地との対比ができたことで、絵図の信頼性がより高まった。

◎岐阜城跡で初めて鉄の矢じりを発見(2区)
 鉄鏃(てつぞく)の長さ14.6cm、幅2.0cm  
→慶長5年(1600)8月23日の関ヶ原の戦いの前哨戦で使用された可能性がある。
遺物は軒平瓦、飾り瓦、鉄鏃など コンテナ4箱、破片数約500点が出土

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする