戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 9月13日(木) 19時より放送!『安部龍太郎先生×戦国 IXA 千万の覇者 コラボ公式生放送』(スクウェア・エニックス様) | main | 「墨絵師『御歌頭』の世界展 in 東京ソラマチ」開催中です!!^^ >>

9月15日(土)開催「普源田砦跡現地説明会」(島根県埋蔵文化財調査センター様)

明日9月15日(土)戦国時代の山城跡である普源田砦跡と戦国時代の川跡が出てきた蔵廻り遺跡で現地説明会が開催されます。

三隅氏や益田氏に興味のある方はぜひご参加ください^^

 

【下記内容は島根県様プレスリリースより】

三隅益田道路で戦国時代の山城と川を発掘―普源田砦跡と蔵廻り遺跡の発掘調査成果についてー

 

 島根県埋蔵文化財調査センターでは、一般国道9号三隅益田道路改築工事に先立ち、浜田市三隅町岡見に所在する普源田砦跡と、益田市西平原町に所在する蔵廻り遺跡の発掘調査を実施しています。このたび、遺跡の状況が明らかになってきたことから、調査成果について現地説明会を開催します。

1.普源田砦跡(ふげんだとりであと)について
概  要:大規模な郭(くるわ)や堀切(ほりきり)のある戦国時代の山城を全面調査
調査期間:平成30年5月28日〜12月中旬(予定)
調査面積:約6,900
今年度の調査成果
 ・山城跡では県内初となる竪穴建物や、調査前は埋没して確認できなかった堀などを新たに発見。
 ・1500年代前半を中心とした陶磁器が出土。
発見の意義
・県内の戦国時代の山城跡の全体を発掘調査した例はほとんどなく、郭や堀切、建物の配置など山城の全体像を解明する発見となった。
・普源田砦跡の年代は三隅氏が益田氏と争った最後の時期であり、この地域の歴史を紐解く資料となる。

2.て
概  要:戦国時代の川跡と、江戸時代から明治時代の水田を発見
調査期間:平成30年5月14日〜9月20日(予定)
調査面積:1,500


今年度の調査成果
・現在の宅地の下で戦国時代の川跡や、川跡が埋没した窪地を利用した水田等を検出した。
・最下層の遺構である戦国時代の川跡は人工的に掘削された可能性があり、中国から輸入された陶磁器などが出土した。
発見の意義
・輸入陶磁器は、川跡の南岸でまとまって出土しており、付近に有力者が存在したことが明らかになった。

3.現地説明会の開催
 ・日  時:平成30年9月15日(土)
       10:00〜11:00 蔵廻り遺跡
       14:00〜15:00 普源田砦跡
 ・駐車台数が限られますので、できるだけ乗り合わせでお越しください。
 ・滑りにくい靴でご参加ください、少雨の場合でも開催します。

 

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする