戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4月19日(木)より東京ソラマチにて販売開始!ラスカル×戦国魂コラボ「戦国ラスカル」!! | main | 4月16日(月)22時より放送の『にっぽん!歴史鑑定』は「徳川家康の孫娘・千姫の悲劇」(BS-TBS様) >>

毛利家関連の新出史料2通が6月2日まで展示中!(杉並区立郷土博物館様)

1週間前位に東京都杉並区立郷土博物館で発表されました新出史料ですが、皆様記事はお読みになりましたでしょうか??

新出史料の2通ですが、毛利元就・隆元が桂氏に宛てた書状と、徳川家康が毛利輝元に宛てた書状となります。詳細は下記の通りです。

お近くの方はぜひ6月2日までに杉並区立郷土博物館様で現物をご覧ください!!^^

 

【下記内容は「杉並区」様リリースより】

30. 04. 06杉並区広報課
戦国大名毛利家に関する新たな古文書を発見!

 

杉並区立郷土博物館(杉並区大宮 1-20-8)で、戦国時代、中国地方で権勢をふるった戦国大名・毛利家に関わる新出の古文書が展示されています。厳島の戦いや関ケ原合戦を前にした毛利家の巧みな動きを知ることのできる貴重な史料です。
6月2日まで展示されます。
これらの古文書は、昨年度に区民の方から博物館に寄贈されたものです。調査の結果、中世から近世にかけての古文書 13 点で、中国地方の戦国大名・毛利家の重臣であった桂氏の文書であることがわかりました。さらに、いままで知られていなかった古文書 4 点が含まれていました。

1555 年(天文 24 年)、毛利元就は、陶晴賢と交えた「厳島の戦い」に勝利し、中国地方一帯を支配する大大名となります。この合戦を前にした元就は、近隣領主の勧誘工作を図ります。今回新発見されたうちの 1 点は、陶氏方に近い有力な領主だった天野氏が支配下に入ったことを、仲介役となった桂氏に対して、その功績への礼を込めて丁寧に知らせている元就とその子隆元連名の書状です。
また、1600 年(慶長 5 年)に起こった天下分け目の戦い、「関ヶ原の戦い」の直前あるいは前年に推測される、徳川家康が元就の孫輝元に送った礼状も発見されました。内容は、輝元が家康に送った珍しい贈物に礼を述べているものです。 関ヶ原の戦いでは、家康は東軍の総大将に、輝元は西軍の総大将になって対立することになりますが、この文書が新発見されたことによって、その直前にあって両者は贈答などのやり取りをしていたことがわかりました。
いずれも、生き残りをかけた戦国大名の巧みな駆け引きや戦略を知ることのできる史料です。博物館では、この 2 点の新出文書を含む 4 点の古文書を展示しています。また、文書全体の解説は、『杉並区立郷土博物館研究紀要』第 25 号(平成 30 年 3 月刊)で紹介されています(郷土博物館で無料配布)。

 

■杉並区立郷土博物館(杉並区大宮 1-20-8)
開館時間 午前 9 時から午後 5 時まで
休館日 毎週月曜日、毎月第 3 木曜日
(祝日・休日の場合は開館し、翌日休館)
観覧料 100 円(中学生以下は無料)
[問い合わせ先] 杉並区立郷土博物館 03−3317−0841

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする