戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 史跡永山城跡災害復旧工事の現場説明会を開催します(日田市教育委員会様) | main | 【戦国魂オンラインショップ】3月24日発売「モンスターストライク墨絵グッズ」第2期・先行予約受付開始致しました!! >>

3月18日(日)10時より「大溝城遺跡現地説明会」(高島市教育委員会様)

3月18日(日)大溝城遺跡で現地説明会が開催されます。

高島市様HPに詳細がないので、今回は京都新聞の記事よりご紹介となります。

築城に際し、明智光秀も関わったという大溝城。お近くの方はぜひ足を運んでみて下さい!

 

【下記内容は3月16日付「京都新聞」より】

 織田信長が築城し、おいの信澄(のぶずみ)が居城とした大溝城遺跡(滋賀県高島市勝野)の発掘調査で、同市教育委員会は15日、本丸の南西角に当たる石垣が見つかった、と発表した。石垣は、現存する天守台の南辺石垣の延長線上に連なり、位置関係が廃城後に描かれた絵図と一致した。市教委は「本丸の規模や構造を確定する重要な手がかり」としている。
 調査地は、天守台の西約30メートルと北西約35メートルの2カ所。本丸の南西角に当たる石垣は、西の調査地で見つかった。上部は崩され堀に落ち込んでいたが、下部は自然石を積み上げる当時の石垣の特徴をとどめていた。また、北側の調査地でも本丸北側のものと見られる石垣が見つかった。
 市の資料館で保管する、1664(寛文4)年の絵図「大溝城下古図」には、天守台が本丸の南東角に位置し、堀と接する形に描かれている。市教委の宮雅充主任は「絵図の内容を裏付ける発見だ」とする。
 市教委は過去の調査で見つかった4カ所の石垣の位置や絵図の記述を照合し、本丸の規模を「東西約52メートル、南北57メートル」と推定している。
 城郭に詳しい中井均・滋賀県立大教授は「信長の安土城以降、秀吉の大坂城までの間に築かれた城郭は、ほとんど残っておらず、城郭の変遷の空白を埋めることができる」と評価する。
 2カ所の調査地からは、過去の調査と同様に、安土城と同じ文様の軒丸瓦や平瓦の破片約100点も見つかった。現地説明会は18日午前10時から。市教委文化財課0740(32)4467。

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする