戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【戦国魂オンラインショップ】お待たせいたしました!!再入荷・戦国魂コンシェルジュトート『紋付大きなデニムのトートバック』 | main | 新井堀の内遺跡 埋蔵銭特別公開のお知らせ(埼玉県埋蔵文化財調査事業団様) >>

春季企画展『刀剣日和 ━ 村正とその仲間たち ━』3月25日(日)まで開催中(桑名市博物館様)

桑名市博物館様で3月25日(日)まで春季企画展「刀剣日和 ━ 村正とその仲間たち ━」が開催中です。

村正と言えば桑名を代表する名工。村正の刀は徳川に仇をなす・・・とも言われておりますが、なまくらな刀も多かった当時、しっかりと何より切れ味が良かったことから、徳川家臣も含め多くの武将に愛用されたまさに実戦用の刀でした。

村正をはじめ、刀剣にスポットを当てら企画展ですので、お近くの方やお好きな方はぜひどうぞ^^

 

【下記内容は「桑名市」様HPより】

春季企画展「刀剣日和 ━ 村正とその仲間たち ━」を開催(3月3日(土)〜3月25日(日)/桑名市博物館)
 桑名市博物館(三重県桑名市京町37-1)は、春季企画展「刀剣日和―村正とその仲間たち―」を3月3日(土)から3月25日(日)まで開催します。本展では、同館蔵品を中心に桑名ゆかりの「村正」を含む刀剣やなぎなたなど刀剣27振を始め、目貫・鍔な どの刀装具、刀剣を描いた日本画など、約60点を展示します。

 「村正」は、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)で活躍した刀工およびその刀剣の名称で、その切れ味の鋭さから多くの武士たちが求めたと言われています。「徳川家に祟(たた)る」といわれた数々の妖刀伝説が今も語り継がれており、海外でもその名を知られるほど有名な日本刀です。また、三重県指定文化財「四弁花繋文錦包糸巻太刀拵」(しべんかつなぎもんにしきつつみいとまきたちこしらえ)は初公開、南北朝時代に作られたとされる「長刀 銘 宝寿」は、18年ぶりの公開となります。

 人を惹き付ける刀剣の美しさは、刀工の技術と現在まで大切に刀剣を手入れしてきた人たちの努力の賜物です。今回は刀剣の魅力を女性目線で発信し、皆様にさらに刀剣について理解を深め、その美しさを堪能していただきたいと考えています。


春季企画展 「刀剣日和―村正とその仲間たち―」概要
主催:桑名市博物館
会期:平成30年3月3日(土)〜3月25日(日)

主な展示資料と構成:
 ・桑名市指定文化財《短刀 銘 村正》(立坂神社蔵)
 ・《短刀 銘 村正》(個人蔵)
 ・三重県指定文化財《四弁花繋文錦包糸巻太刀拵》
                 (桑名宗社蔵)
 ・《長刀 銘 宝寿》(桑名市博物館蔵)
 ・《備前介藤原宗次/文久二年八月日》(個人蔵) 


会場:桑名市博物館 1・2階企画展示室
   (三重県桑名市京町37-1)

交通案内:
 ◎車
  東名阪自動車道桑名I.C、
  伊勢湾岸自動車道桑名I.Cより約10分
  〔無料駐車場20台〕

 ◎電車
  JR・近鉄・養老鉄道「桑名」駅、
  三岐鉄道「西桑名」駅より、徒歩20分
 ◎バス
  市内循環バス「宮通」より徒歩3分
休館日:月曜日、22日(木)
開館時間:午前9時30分から午後5時まで
       (入館は閉館の30分前)
入館料:無料

※当館学芸員による展示解説
 3月10日(土)・3月14日(水)・3月18日(日)・3月21日(水・祝)いずれも午後1時30分から
 (予約不要)

 


本件に関するお問い合わせ先
<桑名市博物館>
〒511-0039 三重県桑名市京町37−1
TEL: 0594-21-3171 FAX: 0594-21-3173
Email: hakubutum@city.kuwana.lg.jp

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする