戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【オンラインショップ】「墨絵師御歌頭 作品集ミウラ折り」(非売品) 数量限定プレゼント中です!! | main | 19時より放送『ぶらぶら美術・博物館スペシャル』として「にっぽんの城 大特集! in 小田原城 〜国宝!姫路城・松本城、名古屋城、京都・二条城の最新映像まで〜」(BS日テレ様) >>

会期は2月18日(日)まで『上杉家の名刀と三十五腰』。「短刀 銘 行光〈名物 不動行光〉」も同時展示!!(佐野美術館様)

佐野美術館様で1月7日(日)より『上杉家の名刀と三十五腰』展が始まっております!

昨年より米沢・埼玉と巡回しましたが、今回の佐野美術館が最後の展示会場となります。

 

今回の展示では上杉家の名刀や刀剣台帳等が前・後期合わせて100点以上展示されます。なかでも今回の目玉は景勝公所有「三日月兼光」!!

「三日月兼光」はこの巡回展の中でも佐野美術館様でしか展示されない特別展示です!!

ぜひ会期内の2月18日(日)までに佐野美術館へ足を運んでご鑑賞下さい!!><

 

さらに40年ぶりの公開!!こちらもぜひお忘れなく!!

≪同時展示≫

短刀 銘 行光〈名物 不動行光〉 鎌倉時代 個人蔵

1月7日(日)〜2月18日(日)まで、短刀 銘 行光〈名物 不動行光〉を展示します。約40年振りの公開となる、織田信長所用の伝承を持つ名刀をお見逃しなく。

上杉家の名刀と三十五腰
会期:平成30年1月7日(日)〜平成30年2月18日(日)

 

鎌倉時代以来の上杉家秘蔵の名刀が一堂に会す、初の展覧会です。
戦国の雄 上杉謙信が、御堂参詣の際に腰にした短刀や、天皇や将軍から贈与をうけた刀剣の数々。その跡を継いだ景勝が、秀吉から厚い信任の証しとして賜った鑓。逼迫する米沢藩の財政を立て直した鷹山の愛刀。
名門貴族藤原氏から興った上杉家の、約800年に渡る歩みを物語る歴史資料や美術品が脇を固めます。今までほとんど人の目に触れることのなかった名刀の数々を、この機会にぜひご覧ください。


「上杉家の名刀と三十五腰」展と「刀剣乱舞-ONLINE-」のコラボレーションがあります。

お知らせはこちら。
※会期中一部展示替えがあります。
※週末・祝日は混雑が予想されるので、公共交通機関のご利用をお勧めします。
 

 

主な出品作品
■重要文化財 長巻 無銘 片山一文字 附 黒漆長巻柄 鎌倉時代 上杉神社蔵【展示期間:1月26日(金)〜2月18日(日)】
■刀 無銘 郷義弘 〈穿鑿郷〉 鎌倉時代 個人蔵
■重要文化財 大太刀 銘 備前国□□(倫光)/興国二年□□ 南北朝時代(1341) 上杉神社蔵【展示期間:1月7日(日)〜1月24日(水)】
■重要文化財 太刀 銘 備前国長船兼光/延文亖年十二月日 南北朝時代(1359) 東京国立博物館蔵
■太刀 銘 備州長船兼光/延文五年六月日 〈三日月兼光〉 南北朝時代(1360) 個人蔵
■重要文化財 鑓 銘 城州埋忠作/文禄二年十二月日 桃山時代(1593) 上杉神社蔵
■国宝 上杉謙信願文 元亀3年(1572)6月15日 米沢市上杉博物館蔵【展示期間:1月26日(金)〜2月18日(日)】
■刀剣台帳 「甲簿 弐 刀剣之部」 近代 佐久市教育委員会蔵
等 国宝7件、重要文化財8件を含む約60点を展示

【連携館特典】
「上杉家の名刀と三十五腰」展会期中、先行開催館 米沢市上杉博物館 ・ 埼玉県立歴史と民俗の博物館(12月10日まで)のチケット半券のご提示でプレゼントあり。

 

 

◆佐野美術館◆
住所:静岡県三島市中田町1−43
TEL:055-975-7278
開館時間:10:00〜17:00(入館受付は16:30まで)
休館日:木曜日(祝日の場合は開館)、年末年始など

【アクセス】
<車>
東名自動車道「沼津」I.Cまたは新東名自動車道「長泉沼津」I.Cより約20分
<電車>
・JR「三島」駅南口より徒歩約17分
・伊豆箱根鉄道線「三島田町」駅より徒歩約3分
<バス>
JR三島駅南口より
・沼津登山東海バス(4番乗り場:新城橋行き又は、大平行き)
・三島循環バス「せせらぎ号」(1番乗り場)
で「佐野美術館」下車。

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする