戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 4月14日(金)20時より放送の『歴史秘話ヒストリア』は「あの天守をもう一度〜熊本城 愛と努力の400年〜」(NHK様) | main | 【戦国魂オンラインショップ】★戦国魂武士団よりお知らせ★ >>

4月15日(土)初回放送!山陰ケーブルビジョン開局30周年記念 時代劇ドラマ『質実剛健〜生きざま〜』(山陰ケーブルビジョン様)

映画『たたら侍』の錦織良成監督による山陰ケーブルビジョン開局30周年記念制作ドラマ『質実剛健〜生きざま〜』が、本日4月15日(土)20:00と25:00に放送されます!!^^

出雲地方に根付いている「質実剛健」という言葉。その生きざまを体現した山中鹿介や、松江開府の祖・堀尾吉晴をクローズアップ

した時代劇ドラマとなります。ちなみに堀尾吉晴役には松江市出身の佐野史郎さん、山中鹿介役にはEXILEで三代目 J Soul Brothersの小林直己さんが演じられます。

マーブルテレビ(山陰ケーブルビジョン)をご覧になれます地域は限られてしまいますが、4月中に同放送局で数回、5月2日(火)からは「時代劇専門チャンネル」様でも数回放送されます。時代劇専門チャンネルをご覧になれます方は、ぜひお忘れなくご覧ください^^

 

【下記内容は番組HPなどからの抜粋となります。】
昨年、開局30周年を迎えた山陰ケーブルビジョンマーブルが、 開局以来初となるドラマ制作に挑んだ。
題材に選んだのは、出雲地方に根付いた「質実剛健」という言葉。 その言葉が受け継がれるきっかけを探ると、 一人の武将の存在が大きくクローズアップされる。 戦国時代、幾多の困難や逆境に遭遇しても、 なお泰然と構えたその人物こそ、尼子再興を願った山中鹿介である。 勝海舟・板垣退助をはじめ、後世に名を残す人物たちから尊敬され、 不撓不屈・質実剛健を体現した鹿介。 メガホンをとったのは、地元島根県出身の錦織良成監督。 山中鹿介を演じるのは、映画『たたら侍』にも出演の小林直己。 堀尾吉晴は松江市出身の佐野史郎が演じる。 時代劇ドラマ「質実剛健」は、 映画『たたら侍』の錦織良成監督が撮ったもう一つの物語である。

【作品みどころ】
木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)の配下として功績をあげた 堀尾吉晴は、病床でこんな言葉を残している。 「彼の事を表すには『質実剛健』という言葉に尽きる。 彼の忠義と「不撓不屈」の精神は凄まじく、右に出るものはいない。 その精神を次の若者に伝え続け、この松江に残したい」 吉晴にそう言わしめた人物こそ、山中鹿介である。 戦国時代、若くして命を落としながらも 主君に忠義を尽くし通し、「不撓不屈」「質実剛健」を体現した鹿介。 堀尾吉晴が、なぜ鹿介を称えるに至ったのか、 回想の中から語られるその思いには、現代にも通じる魂が宿っている。 脚本を手がけたのは、社内ドラマ制作プロジェクトチーム。 撮影は、平成27年に国宝に指定された松江城天守をはじめ、 安来市月山富田城跡など島根県東部各地で行われた。 現代の若者たちにおくる意欲作。 今なお語り継がれる「質実剛健」の魂を地元島根県出雲地方から発信する。

 

山陰ケーブルビジョン開局30周年記念ドラマ「質実剛健 〜生きざま〜」

放送局:山陰ケーブルビジョン(マーブルテレビ)
放送日時:平成29年4月15日(土)よる 20時00分〜20時55分 ※初回放送

 

<4月の放送予定>
15日(土)20:00〜、25:00〜、
16日(日)10:00〜、15:00〜、20:00〜、25:00〜
17日(月)10:00〜、15:00〜、17:00〜
19日(水)17:00〜、
21日(金)17:00〜、
29日(土)20:00〜、25:00〜、
30日(日)10:00〜、15:00〜、20:00〜、25:00〜

◆時代劇専門チャンネル
初回放送: 5/2(火)19:30〜 ※5月中7回放送予定
http://www.mable.jp/12321.html

 

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする