戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「米沢市マスコットキャラクター」けーじろーが22日・23日博多駅に登場!(米沢観光物産協会様) | main | 企画展『関東戦国の大乱−享徳の乱、東国の30年戦争』9月18日まで(群馬県立歴史博物館様) >>

大内館跡「池泉庭園」明日22日より一般開放。27日には現地説明会も。(山口市教育委員会様)

山口市の史跡・大内氏館跡の「池泉庭園」が明日22日の午後より開園。一般開放され、27日(土)の10:00からは現地説明会も予定されております^^

「池泉庭園」は1992年度からの発掘調査で発見した石組みを基に、昨年より復元工事が行なわれていた庭園で16世紀前半の庭園が再現されております。大内氏が館を構えた時期につきましては、江戸時代に描かれた『山口古図』より延文5年(1360年)とされ、大内氏が滅亡する弘治3(1557年)まで館として使われ、毛利隆元により大内義隆の菩提寺として龍福寺も建立。今日に至っています。

大友氏館跡自体の発掘調査は昭和53年度から行なわれており、少なくとも3つの庭園があったことがわかっています。下記の3つの庭園跡の内容は山口市教育委員会様の「史跡大友氏館跡 枯山水庭園」資料からとなります。

●最も時期の古い庭園(庭園 砲らは玉石敷きと護岸石や立石等が確認されていますが、全容は不明。(※おおよそ政弘が当主時代の庭園)
●おおよそ義興が当主時代の庭園△牢曚瞭酖貮瑤飽銘屬掘∩環耕 40mの大きな池を持つ池泉庭園。
●大内氏最盛期といえる義隆の時期の枯山水庭園(庭園)。
また池泉庭園が儀礼等を行う公的なもの。枯山水庭園は少人数で楽しむ私的なものであったと考えられているそうで、使い分けもされていた可能性があるそうです^^
今回復元されました池泉庭園は、明日22日11:00より開園式典が行なわれ、午後から一般公開となります。入園は無料となります。

ぜひお時間があります時に、大内氏館跡「池泉庭園」をご鑑賞してみてください^^


◆池泉庭園現地説明会◆
■日時:平成23年8月27日(土)10時〜12時 
 ※荒天の場合は中止します。
■場所:山口市大殿大路字竹原
 詳細な地図はこちら
■参加料:無料。
■申込み:不要。現地へ直接お越しください。
■お問い合わせ:山口市教育委員会文化財保護課
 TEL:083-920-4111

また池泉庭園の説明の他、大内氏館跡北東部で実施している発掘調査の成果を現場担当者が説明します。発掘調査で見つかった資料も展示されます。
こちらもぜひどうぞ^^


◆大内館跡(龍福寺)◆
住所:山口県山口市大殿大路119 龍福寺

【アクセス】
<車>
中国自動車道小郡ICから車で20分
<電車・バス>
山口線「山口駅」からバス
「県庁前」下車 徒歩10分

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする