戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

イベントは3月1日(日)まで!!JR秋葉原駅構内にて『戦国BASARA秋葉ノ陣』開催中です!

明日3月1日(日)までJR秋葉原駅構内にて『戦国BASARA秋葉ノ陣』が開催中です。

ご来場の際には新型コロナウイルス対策など十分にご注意いただけますと幸いです^^;

 

http://www.sengokudama.jp/basara/

●新型コロナウイルス流行に伴う、イベント運営及びご来場に関しての注意事項
『戦国BASARA秋葉ノ陣』は、現時点においては開催予定で準備をしております。
今後、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、イベントの開催の中止中断等の可能性もございます。予めご了承ください。
JR秋葉原駅構内の特設会場はオープンスペースではございますが、ご来場に関しては十分にご注意ください。
・会場内でのマスクの着用のお願い(ご来場者様ご自身で予防対策をお願いいたします)
・会場内に消毒液を設置いたしますのでご利用ください。
・発熱・咳・などの症状がある方は、必ず医療機関にて受診していただき、ご来場は避けてください。
・咳・くしゃみなどの症状がある方は、飛散防止用マスクを着用のうえ、うがい、手洗い、消毒をお願いいたします。
・ご来場者様および運営スタッフへの感染防止対策として、スタッフはマスク着用でご案内をさせて頂きます。
※今後重要な発表につきましては、『戦国魂公式twitter』にて通知させていただきますので、こちらをフォローしてください。
■戦国魂公式twitter
https://twitter.com/sengoku_dama

 

 

令和の「戦国BASARAも凄い! 新作グッズが勢揃い! 
人気キャラ「伊達政宗」「真田幸村」「徳川家康」「石田三成」が墨絵で登場! 
新規描き下ろしSDキャラ、武将モチーフのモノグラム、和柄デザインなど「戦国BASARA」の世界観を楽しもう! 

 

令和初の「戦国BASARA」イベントショップ『戦国BASARA 秋葉ノ陣』がJR秋葉原駅構内に期間限定でOPEN! 
人気墨絵作家『御歌頭』氏によって描き下ろされた「伊達政宗」「真田幸村」「徳川家康」「石田三成」の迫力ある「墨絵」をメインビジュアルとして採用! 
特設ブースでは、キャラクターパネルの撮影が楽しめたり、墨絵、新規描き下ろしSDキャラや武将モチーフのモノグラム、和柄デザインなど新作グッズが勢揃い! 
「戦国BASARA」ファンの皆様のお越しをお待ちしています。

■イベント商品ラインナップ(画像商品)
.肇譟璽妊ング缶バッジ(全8種:500円税別) 
▲肇譟璽妊ングミニアクリルスタンド(全9種:600円税別)
トレーディングイニシャルアクリルキーホルダー(全9種:741円税別)
ぅ瓮織HOTELキーチャーム(全5種:各2,700円税別) 
ゥ皀離哀薀爛檗璽繊柄2種:各800円税別)
Ε織ぅ法疾攫螢札奪函柄3種:各1,500円税別) 
SDコンビアクリルキーホルダー(全5種:各700円税別)
【発売延期】SDおやすみラバーキーホルダー(全4種:各700円税別) 

  ※後日Web通販にて販売させていただきます

サコッシュ(全4種:各3,000円税別)
ネオンカラーTシャツ(全9種:各3,000円税別)
フルートグラス(全9種:各1,800円税別 ペアセット可:3,400円税別) 
戦国バチャラ しあわせ茶(全9種:各1,800円税別)
戦国マチャラ 抹茶ぼーるちょこ(各1,800円税別)

 


■その他イベント商品ラインナップ
・アクリルカード ・湯呑 ・名刺ケース ・トートバック ・パスケース ・巾着 ・墨絵キャンパスアート ・ブレスレット ・フォックスファーチャーム ・クロシェットキーチャーム ・墨絵コンパクトミラー ・アクリルキーホルダー ・スマホぬいぐるみチャーム ・ラバーキーホルダー ・クリアファイル ・蓄光ポスター ・蓄光タンブラー ・LEDスタンドライト ・スマホリング ・墨絵パーカー ・サコッシュ ・墨絵バッテリー ・しあわせ茶(玄米茶) ・アクリルカラビナ ・ブランケット ・墨絵ポストカード ・墨絵色紙 他
 

  • JR駅構内ブックエキスプレス7店舗にても同時開催決定! 
    開催店舗では以下の商品が販売されます! 

■商品ラインナップ
モノグラムTシャツ(全2種:各3,000円税別)
SDおやすみアクリルキーホルダー(全4種:各800円税別)
アクリルキーホルダー墨絵(全4種:各800円税別)
SDコンビアクリルスタンド(全5種:各800円税別)

その他ブックエキスプレスオリジナル商品
・クリアファイル ・墨絵色紙

 

 

  • 各イベント開催概要

【1】『戦国BASARA 秋葉ノ陣』開催概要
開催日:2020年2月25日(火)〜3月1日(日)
営業時間:11時〜21時(初日、最終日除く)※
※初日営業時間:13時〜21時、最終日:11時〜19時
場所:JR秋葉原駅 電気街口改札内イベントスペース

【2】ブックエキスプレス開催概要
開催日:2020年2月25日(火)より販売開始
開催店舗:ブックエキスプレスエキュート上野店、ブックエキスプレス秋葉原店、ブックエキスプレスくすりSTグランスタ店、ブックエキスプレスエキュート赤羽店、ブックエキスプレスペリエ西船橋店、ブックエキスプレスアトレ大船店、ブックエキスプレス仙台北口店
※ブックエキスプレス店舗の商品は秋葉原駅構内イベント会場での販売はございません。ご了承ください。
※ブックエキスプレス店舗の商品は無くなり次第終了で予定しております。

【1】、【2】共通事項
決済方法:現金、クレジットカード(VISA、JCB、Mastercard、AmericanExpress、Diners Club、Discover、銀聯)、交通系ICがご利用可能です。

 


著作権表記:©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
問い合わせ先:有限会社ベルウッド・クリエイツ
TEL:03-6824-9051(平日13時〜17時 水曜・祝祭日除く)
メール:info1059@sengokudama.jp
イベント情報・商品詳細特設ページ:http://www.sengokudama.jp/basara/

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

2月4日(火)午前10時から申し込み開始!三重県桑名市ふるさと納税「刀剣の取り扱い」(桑名市様)

三重県桑名市様のふるさと納税「刀剣の取り扱い」が今年も開催されます。真剣の手入れなどはなかなか教えてもらえたり体験できないものなので、ご興味のある方は是非お早めにご応募してみて下さい^^

 

【下記内容は「株式会社ポニーキャニオン」様プレスリリースより】

ふるさと納税の返礼品は「刀剣の取り扱い」〜刀剣にゆかりのある三重県桑名市が開催へ

昨年も大人気の「体験型」返礼品が2月4日(火)午前10時から申し込み開始

ふるさと納税に対する関心が高まる中、三重県桑名市と市のブランディングを行う(株)ポニーキャニオンは、市内の地域資源を最大限に活かした取り組みを行っている。

桑名を拠点に活躍した刀工「村正」の刀は、三河を中心に広く流通し、徳川家康をはじめとする多くの戦国武将に所持されていた。昨今では人気ゲームにもその呼称が使用されており、認知が広がっている。これまでに桑名市では「村正」の展覧会を2度開催し、近年の日本刀ブームの影響もあってか、全国から多数の刀剣ファンが訪れた。

《短刀 銘 村正》(桑名市博物館蔵)

桑名と言えば「村正」として、認知度が高まる中、今年も「刀剣の取扱い体験」をふるさと納税の返礼品として提供する。昨年の同企画では受付開始から1週間で申し込みが終わってしまう程の人気返礼品となっている。体験の中では、本物の「村正」も実際に見ることができる。2月4日(火)午前10時から申し込みを開始する。

また、体験会が開催される日は、春季企画展として「刀剣幻想曲(とうけんファンタジア)」が開催中。専門用語が多く、親しみづらく思われる刀剣鑑賞を、初心者にも分かりやすく、刀剣・刀装具を中心に展示する。

【概要】
寄附金額10,000円以上で選べるこの体験コースは、桑名の地域資源を活用した小規模な地域体験プログラムの集まりである「桑名本物力博覧会(桑名ほんぱく)」で人気を博したプログラムを、ふるさと応援寄附の返礼品にしたものです。

【内容】
桑名市博物館の学芸員の指導のもと、実際に刀剣の取扱いを体験でき、刀を抜いて油を塗るなど「本物の文化財」の取扱い体験を通じて「学芸員の仕事」を学ぶことができます。体験の中で、実際に村正を見ることもできます。取扱い体験には、館所蔵の別の刀を使用。

【開催日時】
令和2年(2020)3月14日(土)
午前10時、午後1時30分の2回実施。
18歳以上が対象で各回限定先着3名。

【申し込み開始】
令和2年(2020)2月4日(火)午前10時から

【詳細】
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/24205

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

野口遵記念館建設予定地発掘調査に伴う現地説明会について(延岡市教育委員会様)

明日1月26日(日)宮崎県の延岡城にて延岡城内堀の現地説明会が開催されます。

秋月種実の次男で日向縣藩主の高橋元種が築城した延岡城。お近くの方はぜひ参加してみて下さい^^

 

【下記内容は「延岡市」様HPより】

野口遵記念館建設予定地発掘調査に伴う現地説明会について
現在、野口遵記念館の建設予定地では、埋蔵文化財の発掘調査を実施しています。
つきましては、調査の成果について一般の方向けに現地説明会を実施します。

 

日時
令和2年1月26日(日曜)  午前・午後各1回
午前の部 10時30分〜12時00分
午後の部 13時30分〜15時00分
※いずれの回も同じ内容です。

 

場所
野口記念館建設予定地 (滝の北側(民家南側)入口よりご入場下さい)

 

駐車場
市役所本館正面第1駐車場(旧警察署跡地)
市役所本館西側第2駐車場(旧図書館跡地)
城山南駐車場(中小企業センター西側)
旧図書館裏駐車場

主な成果
延岡城の内堀(幅12メートル、深さ約3メートル)
古代〜中世の溝、建物跡(柱穴)
古墳時代の円墳の周溝(古墳の周囲を巡る溝)
※小雨決行、事前申し込み不要。長靴などの汚れてもいい靴でお越しください。

 

担当課 教育委員会 文化課

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

「太刀 銘安綱(号鬼切丸)」公開は明日1月26日(日)まで!『最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展』(春日大社様)

春日大社国宝殿で開催中の「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」ですが、前期展示が明日までとなっています。

北野天満宮所蔵の重文「太刀 銘安綱(号鬼切丸)」は明日1月26日(日)までの展示となります。また後期は1週間後の2月1日(土)からとなりますので前期・後期ともにご覧ください!!^^

【開催期間】
2019年12月28日(土)〜2020年3月1日(日)
※前期:12月28日(土)〜1月26日(日)/後期:2月1日(土)〜3月1日(日)

 

【見どころ】

1. 天下五剣 
東京国立博物館の門外不出の国宝「太刀 銘安綱(名物童子切)」の出陳が決定しました。源頼光が 酒呑童子退治に用いたとされる伝説の太刀です。鬼才・安綱の代表作として名高い名刀で、天下五剣の一つにも数えられます。
国宝「太刀 銘安綱(名物童子切)」【通期展示】


2. 源氏代々の名宝が集結
安綱一門の刀は源氏の有力武将に尊ばれてきました。安綱作の東京国立博物館所蔵の「童子切」(国宝)は、源頼光から足利将軍家、徳川家康を経て津山松平家へ。北野天満宮所蔵の「鬼切丸」(重文)は足利一門の最上家に伝来。そして松平公益会所蔵の太刀「銘真守造さねもりづくり」(重文)は、源義光(新羅三郎義光)の佩刀はいとうとされ、子孫の武田信玄・勝頼、徳川家康を経て、水戸徳川家から高松松平家に伝来しています。このほかにも、源氏ゆかりの刀が複数集結します。なお、古伯耆の作品ではないものの、源氏代々の太刀で源義経ゆかりの箱根神社所蔵の「薄緑丸(膝丸)」も特別出品されます。
重要文化財「太刀 銘安綱(鬼切丸)」 平安時代 京都・北野天満宮 【前期展示】
「太刀 無銘(薄緑丸)」 平安時代 神奈川・箱根神社 【通期展示】


3. 拵こしらえに込められた武士もののふの美
中国・唐から伝来した唐大刀の様式を伝える、春日大社所蔵の国宝「黒漆平文飾剣(柄白鮫)」、国宝「黒漆平文飾剣(柄銀打鮫)」をはじめ、完存品が三例しかない毛抜形太刀のうち、春日大社所蔵の「金地螺鈿毛抜形太刀」と「紫檀地螺鈿銀樋毛抜形太刀」(いずれも国宝)が出陳されます。また、兵庫鎖太刀の名品で春日大社所蔵の「沃懸地酢漿平文毛抜形太刀」(国宝)や中世の実用の太刀である黒漆太刀、近世の華麗な糸巻太刀まで、拵に込められた武士(もののふ)の美意識にせまります。

 

4. 直刀から日本刀へ、その成立の謎に迫る!
安綱は、京都・三条宗近とならんで最古級の刀匠とされています。本展では、直刀から日本刀への変化の過程を示す、国宝「黒漆平文飾剣」など、平安時代の日本刀成立期作品をあわせて展示、その成立の謎に迫ります。
国宝「黒漆平文飾剣 (柄欠失)刀身」 平安時代 奈良・春日大社 【通期展示】

 

5. 古伯耆太刀勢揃い、もう一振りの国宝と春日大社の名刀
京都国立博物館所蔵の国宝「太刀 銘安家」は、在銘作の少ない安家の名品として知られています。やや細身で腰反りの高い優美な太刀姿で、鍛は地沸がよくつき地斑、地景がよく入るなど、古伯耆物の特徴がよく表れた作品です。近世は筑前・黒田家に伝来しました。
国宝「太刀 銘安家」 平安時代 京都国立博物館 【後期展示】

 

1939年に宝庫天井裏から錆びた状態で発見され、平成29年に研磨したことで古伯耆の太刀として確認された、重要美術品「太刀 無銘(古伯耆 伝安綱)」(奈良県・春日大社蔵)も展示されます。
「太刀 無銘(古伯耆 伝安綱)」 平安時代 奈良・春日大社 【通期展示】

 

 

◆春日大社国宝殿◆
住所:奈良市春日野町160

開館時間:10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:2020年1月27日(月)〜1月31日(金)
<特別開館延長>
2020年2月3日(月)、2月8日(土)〜2月14日(金)10:00〜19:00※入館は閉館の30分前まで

 

【アクセス】

<電車・バス>

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から奈良交通バス(春日大社本殿行)約11〜15分、「春日大社本殿」下車すぐ。

または奈良交通バス(市内循環外回り)約9〜13分、「春日大社表参道」下車、徒歩約10分。

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

2月1日(土)開催。シンポジウム「上杉の城館〜大庭城を外から見る〜」(藤沢市様)

2月1日(土)Fプレイス 労働会館ホールにてシンポジウム「上杉の城館〜大庭城を外から見る〜」が開催されます^^

太田道灌が築城したとも伝わる大庭城。北条早雲が改修したお城でもありますが、玉縄城の築城で重要性は薄れていきました。

今回は杉山城(嵐山町)深大寺城(調布市)七沢城(厚木市)といった扇谷上杉・山内上杉のお城との比較や大庭城の歴史的背景が分かるシンポジウムですので、ご参加できる方はぜひ足を運んでみて下さい!!^^

 

 

【下記内容は「藤沢市」様HPより】

シンポジウム「上杉の城館〜大庭城を外から見る〜」開催のお知らせ
 2020年(令和2年)2月1日土曜日にFプレイス 労働会館ホール(藤沢市公民館・労働会館等複合施設)にて、「上杉の城館〜大庭城を外から見る〜」と題し、シンポジウムを開催します。

 

 大庭城は市内で唯一現存している城跡であり、その歴史的価値は藤沢市に留まらず、神奈川県の戦国時代を考える上でとても重要な遺跡です。
 大庭城に関連するイベントはこれまで複数回行っておりますが、これまでのイベントは大庭城のみにスポットを当てたものであり、その時代背景やその他の城館との比較を十分に行ってきたものではありませんでした。
 今年度のシンポジウムでは、より視点を広げ、大庭城と深い関係がある扇谷上杉氏と山内上杉氏の城館を中心に、市民の方々に大庭城が築かれた時代背景と両上杉氏の城館についてより深く知っていただくため、歴史学の第一線で活躍されている研究者の方々による講演等を行います。
 ぜひお誘いあわせの上お越しください。

【講演者紹介】
望月保宏氏(静岡県古城研究会)
伊藤一美氏(藤沢市文化財保護委員)
村上伸二氏(嵐山町教育委員会)
生田周治氏(元調布市郷土博物館)
佐藤健二氏(厚木市教育委員会)
シンポジウム「上杉の城館〜大庭城を外から見る〜」チラシ

 

【開催日時】 2020年2月1日(土)10時00分〜16時55分(開場は9時30分)

【会場】 Fプレイス 労働会館ホール(藤沢市藤沢公民館・労働会館複合施設)

【住所】 藤沢市本町1丁目12-17

【電話番号】 0466-26-7811

【募集人数】 280人※先着順、事前予約なし

【費用】 無料

【申込方法】 なし

【主催者】 藤沢市

【その他】 事前予約は必要ございません。当日会場までお越しください。
施設駐車場には限りがございますので、公共交通機関をご利用ください。

 

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

「明智光秀画像」原本展示は残り1月25日・26日のみ!!特別展『明智光秀と可児』(可児郷土歴史館様)

可児郷土歴史館様で特別展「明智光秀と可児」が3月22日まで開催中です。

なかでも明智光秀の肖像画として有名な本徳寺所蔵「明智光秀像」の原本展示ですが、今週末の1月25日(土)・1月26日(日)の2日間のみとなっております。雑賀衆・土橋重治宛の書状なども期間限定で原本展示されておりますのでこちらも必見です!!

 

また1月26日(日)には、関連イベントとして郷土歴史館併設の久々利地区センターで歴史講座 「明智光秀の謎を握る 可児一族」も開催されます。

ぜひ展示期間などもご確認の上、足を運んでみて下さい!!^^

【下記内容は可児郷土歴史館HPより】
明智光秀博覧会2020 in 可児市の開催を記念して、「明智光秀と可児」〜明智荘にルーツを求めて〜と題した特別展を行います。
今回の特別展では、明智光秀画像の原本展示や、謎が多いとされる「本能寺の変」を解明する上で重要な手がかりのひとつといえる明智光秀の書状の原本展示等を行います。

さらに、現在の可児市西部で活躍していたとされる「可児一族」と明智光秀とのつながりを示す可能性のある資料や、明智氏の名字の地とされる「明智荘」(可児市東部)に関する資料を展示し「明智光秀と可児」との関係性に迫ります。

【注目の展示品】


【明智光秀画像】
(岸和田市 本徳寺所蔵)
<期間限定 原本展示>
1月18日(土曜日)
19日(日曜日)
25日(土曜日)
26日(日曜日)

【明智光秀書状】土橋重治宛(美濃加茂市民ミュージアム所蔵)
<期間限定 原本展示>
1月18日(土曜日)から2月8日(土曜日)
※期間外は複製を展示します
この書状は、本能寺の変の後に、明智光秀が反信長派であった雑賀衆のリーダー土橋重治に宛てた書状です。
この書状の他に光秀の書いた書状を2点展示します。

【塩河八幡神社棟札(むなふだ)】(塩河八幡神社所蔵)
塩河八幡神社の井垣の修復をした際に、可児一族が奉納した札。

【塩河八幡神社鰐口(わにぐち)】(岐阜市歴史博物館所蔵)
塩河八幡神社の社殿に吊り下げられていた金属製の梵音具で、可児一族が奉納したもの。
 

 

開催日程:令和2年1月11日(土)〜3月22日(日)

 

【関連イベント】
ギャラリートーク
開催日:令和2年1月26日(日曜日)
時間:13時から
場所:可児郷土歴史館 館内
※入館料が必要です
※事前申し込みは不要です。

 

歴史講座 「明智光秀の謎を握る 可児一族」
開催日:令和2年1月26日(日曜日)
時間:14時から
場所:久々利地区センター(可児郷土歴史館 併設)
※入館料は不要です。
※事前申し込みは不要です。

 

 

 

◆可児郷土歴史館◆

住所:岐阜県可児市久々利1644-1

開館時間:9時から16時30分

TEL:0574-64-0211

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、休日の翌日休館)
 

【アクセス】

<電車またはバス>

・JR太多線『可児駅』より車で約14分

・名鉄広見線『新可児駅』より車で約14分

 または名鉄「可児駅」・JR「新可児駅」から電話で予約バス(羽崎・二野・久々利地区)で「可児郷土歴史館」下車
・名鉄「明智駅」からKバス(土曜日・日曜日・祝日・振替休日のみ運行)「可児郷土歴史館」下車

<車>

・東海環状自動車道『可児御嵩IC』から県道84号線を土岐方面へ約5km

・東海環状自動車道『五斗蒔スマートIC』から県道84号線を可児方面へ約7km

・中央自動車道『土岐IC』から国道19号線経由で県道84号線を可児方面へ約20分

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

1月27日開催!「阿波の天下人 三好長慶シンポジウム」

1月27日(月)開催の「阿波の天下人 三好長慶シンポジウム」ですが、現在参加受付中ですので気になる方はぜひ確認してみて下さい!!

阿波の天下人 三好長慶シンポジウム
三好長慶は、細川晴元の重臣である三好元長の嫡男として現在の徳島県三好市で生まれ、阿波・讃岐・淡路を本拠に時代の風雲児となり、畿内の山城・摂津・和泉・河内・大和・東播磨・丹波・丹後までを制覇し「将軍を推載しない環大阪湾の三好政権」を形成した、徳島ゆかりの戦国天下人です。

開催日程
2020年1月27日(月) 13:15〜16:00

開催場所
徳島市 JRホテルクレメント徳島 4F クレメントホール

 

三好長慶シンポジウム

【第一部】13時半〜14時半

京都造形芸術大教授の松平定知さんによる基調講演「その時歴史が動いた〜戦国武将・三好長慶」

【第二部】14時40分〜16時

天理大准教授の天野忠幸さん、飯泉嘉門県知事らによるパネルディスカッション「三好長慶を語る―四国徳島と関西」


参加費
無料 先着200名様

お申し込み・お問い合わせ
(一社)徳島経済同友会事務局

電話 088−625−8393(月〜金 9:00〜17:00)
FAX 088−655−6344 
Eメール info@t-doyukai.jp

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

1月18日(土)まで一般公開中!「令和元年度岐阜城跡山上部発掘調査」(岐阜市社会教育課様)

1月18日(土)まで岐阜城山上部にて本年度発掘調査結果の一般公開が始まっています。

今回、岐阜城では初めての発見となる信長期の天守台石垣となります。今週末までの公開ですので、ご興味のある方はぜひ足を運んでみて下さい!><

 

【下記内容は「岐阜市」様HPより】

令和元年度岐阜城跡山上部発掘調査で信長期の天守台石垣が見つかりました!
(1)調査の概要
石垣や瓦等の確認を目的に昨年度よりも対象面積を拡大し 山上部3ヶ所で発掘調査を実施。各調査区で成果が得られ、特に天守閣西側では大きな発見がありました。

所在地:岐阜城山上部
調査箇所:‥啓薐媽沼 二ノ門周辺資料館南側 ※中腹部 1 ヶ所は現在調査中
調査期間:令和元年10 月 31 日〜 令和 2 年 1 月末(予定)
調査面積:約1410 平方メートル (清掃範囲を含む対象面積)


(2)天守閣西側の調査成果
 信長期に築かれた天守台石垣を初めて発見
・天守閣西側の調査区で信長期の天守台北西隅の石垣を確認した。天守台石垣は明治 43 年( 1910 )の 初代復興天守建設の際に積み直されたため、信長期の石垣はほぼ残っていないと推定されていました。岐阜城で信長期の本物の天守台石垣が見つかるのは今回が初めてです。
・見つかった石垣は永禄10 年( 1567 )信長入城後の石垣の特徴をもっています。
・1600 年の廃城時に埋められた瓦がそのままの状態で見つかりました。
→安土城で完成したとされる天守の起源を考えるうえで重要な発見。

(3)その他の調査成果
 二ノ門周辺と資料館南側で信長期の石垣を確認長期の石垣を確認
・二ノ門周辺で絵図(「稲葉城趾之図」)に描かれている信長期の石垣を確認しました。
二ノ門周辺石垣
・資料館南側で絵図に描かれていない信長期の新たな石垣を確認しました。
資料館南側石垣
→昨年の調査成果と合わせて、岐阜城の構造解明に繋がる発見。

(4)現地公開について
令和2年1月14日(火)〜1月18日(土)
10:00〜12:00 13:00〜15:00
雨天中止(史跡岐阜城跡Twitter、岐阜公園内発掘案内所でご確認下さい)
担当者が現地で随時説明します。直接現地までお越し下さい。
史跡岐阜城跡Twitter(@GifuCityHistory)でも岐阜城発掘調査に関するお知らせを発信しています。

 

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

お城EXPO2019にて『御城プロジェクト:RE〜CASTLE DEFENSE〜』 の新作グッズ「桃形兜土鈴」販売決定です!

お城EXPO2019

http://www.shiroexpo.jp/

 

12月21日(土)・22日(日)にパシフィコ横浜にて開催されます「お城EXPO2019」で『御城プロジェクト:RE〜CASTLE DEFENSE〜』 の新作グッズ「桃形兜土鈴」がリリースされます!

 

12月21日はお城EXPOの公式物販ブースで。22日は5階503の戦国魂ブースにて販売されます!

土鈴は伝統工芸とコラボの焼物となり、中の玉がコロコロと可愛い音色で鳴ります♪

 

山城サミット可児会場で発売しました「犬山城お供」と同じく、完全数量限定商品です。

皆様のご来場をお待ちしております!!

 

お城EXPO2019

http://www.shiroexpo.jp/

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

11月9日(土)・10日(日)「御城プロジェクト:RE」グッズイベント先行発売情報!!

いよいよ今週末となりました11月9日(土)・10日(日)は全国山城サミット可児大会です!!

11月9日(土)・10日(日)開催の「全国山城サミット可児大会」戦国魂ブースでは「御城プロジェクト:RE 〜CASTLE DEFENSE〜」の展示&新商品を先行販売を行います!

『犬山城お供土鈴』(赤・青)は当日各50個限定でリリース!

土鈴工房は日本に聞くところによると二箇所を残すのみで、年間の生産数が決まっているそうです。

ですので、後日販売する分を含めた各100個限定で再販はもうないと思われます>_<

手に入れられた方はどうぞ大切に愛でてください^_^

また新作グッズとして絵馬も登場!

岐阜の山城に限定した「岐阜山城娘」と全国の山城からピックアップした「全国名鑑山城娘」の2種類となります。

クリアファイルも2種類。国内城「アイドル・ライブ」と海外城「ロワール・クラシック」となります。

※大きな画像で確認したい方は下記「戦国魂公式Twitter」にてご確認下さい。

https://twitter.com/sengoku_dama

 

 

 

【当日限定プレゼントも!!】

城プログッズ購入特典として、山城娘千社札をプレゼント♪

※千社札は2日分たっぷりとご用意しておりますが、なくなり次第終了となります。予めご了承下さいませ。

 

また11月10日(日)の戦国魂主催トークショーでは、れきしクン、晴野未子さんをお招きしながら、山城の魅力を掘り起こしてまいります!こちらもぜひお立ち寄り下さい!!><

 

その他可児大会の詳細はイベント公式ページにてご確認下さい。

https://www.yamajiro-kani.jp/

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -