戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

公開は6月24日(日)まで!!「伊賀国上柘植村・近江国和田・五反田村産論関係文書」(伊賀市上野図書館様)

2016年末に伊賀市様が購入し、市の文化財に指定されました「伊賀国上柘植村 并(ならびに)近江国和田・五反田村山論関係文書」が上野図書館で24日(日)まで初公開されております。

 

巻物二巻に貼られた文書9通からなる山論関係文書ですが、天正年間当時のこの付近での出来事がわかる貴重な史料ですのでご覧になれます方はぜひ足を運んでみて下さい!!^^

 

【下記内容は「伊賀市教育委員会」様発行チラシより】

上野図書館が所蔵している歴史史料「伊賀国上柘植村・近江国和田・五反田村産論関係文書」が伊賀市有形文化財に指定されました。

この史料は戦国時代から江戸時代にかけて上柘植村と近江国五反田村(現在の甲賀市甲賀町和田・五反田)との間で起きた境界争いに関するものです。なかでも天正元年(1573年)の「甲賀郡奉行惣・伊賀奉行惣連署起請文」は、伊賀惣国一揆のありようを示す数少ない史料として注目されてきました。

 文化財指定記念として史料の展示と関連する講演会を行います。

参加は自由です。ぜひご参加ください。

 

展示期間 2018年6月16日(土)〜6月24日(日)

上野図書館2階展示コーナー(休館日:毎週月曜)

戦国イベント情報 | permalink | comments(1) | -

6月18日(月)放送の『尾上松也 蔵出し!とことん歴史紀行』は「伊達政宗&前田利家 戦乱を生き抜いた武将の知略」(BS11様)

本日放送18:59よりBS11で放送の『尾上松也 蔵出し!とことん歴史紀行』は「伊達政宗&前田利家 戦乱を生き抜いた武将の知略」です。気になる方はぜひご覧ください!^^

【下記内容は番組HPより】
戦乱を生き抜いた武将、伊達政宗と前田利家の知略に迫る。
一人目は戦国時代、天下取りの野望をたぎらせた独眼竜・伊達政宗。彼は生まれてくるのが30年遅かったと言われている。若干23歳で東北の覇者となったとき、既に天下は豊臣の手中に収まらんとしていた。さらに徳川が江戸幕府を開くと、時代は泰平の世へと変わる。政宗が仙台の地に城を構えたのは丁度この頃。平和な世の中にはおよそ相応しくない実戦向きの山城、堅固な城下町、そして遠くローマに派遣した使節団...政宗は野望を最期まで捨てず、虎視眈々と天下を狙い続けていた。美しい仙台の町で政宗が抱いた大いなる野望を追う。 二人目は江戸時代に百万石を誇った加賀藩の礎を築いた藩祖、前田利家。若き日は織田信長のもとで戦に明け暮れ、のちに天下人となる豊臣秀吉から最も信頼された武将として知られる。10歳年下の妻・まつに支えられ、土豪の子の身分から稀代の名将にまで利家はいかにして上り詰めたのか?今回は、約290年に渡って繁栄し、前田家14代の居城となった金沢城を始め、利家ゆかりの品々が残る「尾山神社」や前田家の菩提寺の一つ「桃雲寺」などを"利家とまつの逸話"ともに辿る。また、前田家が造り上げた日本三名園の一つ「兼六園」や江戸時代の面影が残る「長町武家屋敷」、今でも芸者さんが歩く花街「ひがし茶屋街」など加賀百万石が生み出した風光明媚な城下町の魅力にとことん迫る。
 

第5回「伊達政宗&前田利家 戦乱を生き抜いた武将の知略」
放送日:2018年6月18日(月) よる6時59分〜8時53分

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

【オンラインショップ】 「戦国ラスカル」シリーズ販売開始致しました!!^^

全国12傑の戦国武将にふんした戦国ラスカルシリーズですが、オンラインショップでも販売開始しました!

戦国ラスカルグッズはこちらから!!

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/rascal

 

戦国ラスカルグッズが買えるのは6月16日現在、「戦国魂天正記(東京ソラマチ店)」と戦国魂オンラインショップ、そして一部ラスカルショップ様のみとなっております。

 

お近くに店舗のない方はぜひオンラインショップでご購入下さいませ。

 

戦国ラスカルグッズはこちらから!!

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/rascal

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -

6月16日(土)22時から放送の『諸説あり!』は「薩摩最強伝説〜戦国編〜」(BS-TBS様)

本日22時からBS-TBSで放送の『諸説あり!』は「薩摩最強伝説〜戦国編〜」です!!

ご覧になれます方はぜひお見逃しなく!!^^

【下記内容は番組HPより】
今回のテーマは「薩摩最強伝説〜戦国編〜」
▽島津家は九州統一をするつもりはなく名誉を守っただけだった
▽島津義弘は鬼島津ではなく人心掌握の達人だった
▽伝説の島津退き口は家康本陣への中央突破ではなかった

 

ゲスト:桐野作人(歴史作家)
 

#49 薩摩最強伝説〜戦国編〜
放送日:2018年6月16日(土)22:00〜22:54(BS-TBS)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

本日より受付開始!6月23日(土)開催『八王子城みらいシンポジウム 〜落城から次世代への継承を考える〜』(八王子市様)

天正18年(1590年)6月23日は豊臣方率いる小田原征伐で八王子城が落城した日となります。

その同日に開催されます『八王子城みらいシンポジウム 〜落城から次世代への継承を考える〜』の参加申し込みが本日より始まっております。

テーマは「北条一族が遺したもの」北条好きの方はぜひご参加ください!!^^

【下記内容は「八王子市」様HPより】

八王子城みらいシンポジウム 〜落城から次世代への継承を考える〜
天正18年(1590年)6月23日は、本市の名前の由来ともなっている八王子城が、豊臣秀吉の関東制圧の過程で落城した日であるとともに、本市においては、戦国の世の終わりを告げ、まちの中心が現在の中心市街地へ移るきっかけとなった、八王子の大きな転換点の一つの日でもあります。  この6月23日にちなんで、八王子城跡内において、歴史を知り未来へ継承するシンポジウムを開催します。

 本イベントに参加して、戦国時代当時の八王子城へ思いを馳せるとともに、先人が遺したものについて、次の世代へどのように継承していくか、一緒に考えてみませんか。

開催日時
平成30年6月23日(土曜日)午前10時00分〜12時30分

イベント内容
開会セレモニー(午前10時〜)
甲冑武者隊による演舞など、戦国時代を彷彿とさせる催事を行います。
戦国時代当時の八王子城に関係する人々に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

場所:八王子城跡 御主殿跡
   ※雨天時にはガイダンス施設で実施

内容:NPO法人八王子城跡三ッ鱗会による演舞など
シンポジウム(午前11時〜)
平成28年に北条三兄弟の縁で姉妹都市盟約を締結した、神奈川県小田原市・埼玉県寄居町の学芸員を招いて開催します。
テーマに沿って、各自治体の北条氏ゆかりの史跡整備の経験に基づく意見交換を行い、文化財の普及と次世代への継承を考えます。

場所:八王子城跡ガイダンス施設

テーマ:「北条一族が遺したもの」

パネリスト:・小田原市
        佐々木 健策(ささき けんさく)氏
        小田原城総合管理事務所 係長

      ・寄居町
        石塚 三夫(いしづか みつお)氏
        鉢形城歴史館 館長

      ・八王子市
        新藤 康夫(しんどう やすお)氏
        所沢市文化財保護委員会委員、本市文化財課元職員


定員・申込
・70名(事前申込・先着順)
・6月15日から文化財課へ電話申込
・参加費無料
※シンポジウムには、開会セレモニーからご参加ください
 開会セレモニーについては、観覧自由・事前申込不要となります
協力
八王子城跡ガイドボランティア、NPO法人八王子城跡三ッ鱗会

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

【戦国ラスカル「アクリルキーホルダー」仕様変更のお知らせ】

© NIPPON ANIMATION CO., LTD. All rights reserved

 

【商品仕様変更のお知らせ】

戦国魂天正記(東京ソラマチ店)で先大人気のあらいぐまラスカルと戦国魂とのコラボグッズ「戦国ラスカル」シリーズですが、明日6月15日(金)発売分より「アクリルキーホルダー」の仕様と販売価格を下記の通り変更させていただきます。

 

 

商品名:「アクリルキーホルダ」→「アクリルでかキーホルダー」 

仕様:ボールチェーン→キーホルダー

     その他アクリル部分のカットラインの変更。

価格:税抜 800円


「湯のみ(税抜1,300円)」・「ハンドタオル(税抜1,200円)」・「缶バッチ(税抜600円)」・「スマホケース M/L(各 税抜3,800円)」・「手拭い(税抜1,300円)」・「ICパスケース(税抜1,800円)」・「しおり(税抜450円)」なども好評発売中です。

http://www.tokyo-solamachi.jp/shopnews/11990/

東京ソラマチ・戦国魂天正記HPに商品画像も載せておりますので気になる方はぜひご覧下さい^^

皆様のご来店をお待ちしております!!

 


戦国魂天正記 (東京ソラマチ4階10番地)

http://www.tokyo-solamachi.jp/shop/264/

※営業時間はいずれも10:00〜21:00(休日は東京スカイツリータウン・ソラマチに準じる)

東京スカイツリータウン・ソラマチ店 戦国魂「天正記」 | permalink | comments(0) | -

本日22時25分より放送の『歴史秘話ヒストリア』は戦国の不死鳥!!「“戦国最弱”小田氏治がゆく」(NHK様)

本日22時25分より放送の『歴史秘話ヒストリア』は戦国の不死鳥!!「“戦国最弱”小田氏治がゆく」です。

戦国最弱と言われながらも何度も自分の城を取り戻す、憎めない武将の代表格といえばこの常陸国の武将「小田氏治」

コーエーテクモゲームス様も協力されている今回の放送。マイナー武将ながらかなり面白いと思いますのでぜひご覧ください!!^^

 

【下記内容は番組HPより】

戦国「最弱」として歴史ファンにも大人気!?の小田氏治。常陸国、現在の茨城県にいた武将だが、記録にあるだけでも20回近くも合戦に負けている。相手も北条氏康や上杉謙信、豊臣秀吉といった強敵ばかり。しかし、家臣にも領民にも慕われ続け、自分を敗った相手の誰よりも長生きした。なぜ「最弱」は「勝利」したのか―小田氏治、不死鳥の奇跡の秘密を解き明かす。

 

放送日:2018年6月13日(水)午後10時25分〜 午後11時10分(NHK総合1)

(※2018年4月より曜日・放送時間が変更されています。)

 

 

こちらもおすすめ!!

戦国魂オリジナル「小田氏治」スマホケース

番組を見て気になった方は是非どうぞ!!^^

iPhone6、6sのケースのみ通常価格の 半額セール中!

小田氏治 スマホケース 消費税込:1,998円(iPhone6/6s用のみ 税込999円)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/ip6sale/odaujiharu

 

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

6月13日(水)20時から放送の『偉人たちの健康診断 歴史に学ぶ健康法』は「宮本武蔵 “五輪書”で極める心と体」(NHK様)

明日20時よりBSプレミアムで放送の『偉人たちの健康診断 歴史に学ぶ健康法』は「宮本武蔵 “五輪書”で極める心と体」です。

いくさに勝つためにも必要な健康の知恵!

22:35よりNHK総合で放送の『歴史秘話ヒストリア』でも戦国の不死鳥・小田氏治が取り上げられますので両番組、お忘れなくご覧ください!^^

【下記内容は番組HPより】

生涯60戦無敗の剣豪・宮本武蔵。そのイメージは映画や小説などによるもので、本当の姿はあまり知られていない。有名な巌流島の決闘を医学の面から読み解くと武蔵の本当の勝因が明らかに…。さらに武蔵の代名詞「二刀流」には、感情をコントロールする驚きの効果があった!?64歳で亡くなるまで一途に剣の道に生きた武蔵の人生から健康の知恵を探る。

 

【出演】関根勤,カンニング竹山,杉山愛,東京大学史料編纂所教授…本郷和人

【司会】渡邊あゆみ

 

放送日:2018年6月13日(水)午後8時00分〜 午後9時00分(BSプレミアム)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

6月9日(土)21時より放送の『世界ふしぎ発見!』は「伊達政宗の野望 海を渡ったサムライの密命を追う!」(TBS様)

【放送日】

2018年6月9日(土)21:00〜9:54(TBS系列)

1476回 「伊達政宗の野望 海を渡ったサムライの密命を追う! 」

 

【下記内容は番組HPより】
伊達政宗からの密命を帯び 海を渡ったサムライの足跡を追って ミステリーハンター・前川泰之がイタリア、メキシコへ

 

次回「世界ふしぎ発見!」の主人公は、今からおよそ400年前に、日本からメキシコ、そしてスペイン、イタリアへと渡った支倉(はせくら)常長。表向きには友好使節団としての渡航でしたが、彼は伊達政宗から密かに重大な命を受けていたというのです。常長の足跡を辿り、日本、メキシコ、イタリアを取材してきた前川泰之さんにお話を伺いました。

 

伊達政宗が密かに抱いていた大いなる野望
それを実現するために欧州に渡った支倉常長とは?

 

戦国時代の名の知れた武将というと、華々しい武功があるのが一般的ですが、支倉常長はそういったタイプではなかったようです。彼の人となりを感じさせるようなエピソードもあまり残っておらず謎の多い人物のようですね。彼の生きた時代には、波乱万丈な人生を送った人が多いと思いますが、常長もまさにその一人ではないでしょうか。中米、そしてヨーロッパまで渡り、数年の海外生活の後に帰国を果たす。無事に帰って来られただけでも偉業です。

常長率いる一行が渡航の際に乗ったサン・ファン・バウティスタ号を再現した船が宮城県石巻市にあります。現在は老朽化のため内部の一般公開はしていないそうですが、特別に見せて頂きました。とても大きく立派な帆船で、それには感銘をうけましたが、これでメキシコまで行けと言われたら、絶対に嫌だ、ですね(笑)。航海技術があったにせよ、動力のない船で3ヵ月…。旅立つ一行は、まさに決死の覚悟、命がけの渡航だったと思います。

そんな彼らの偉業は、石巻で今も語り継がれています。特に東日本大震災以後は、地元のみなさんに希望を与えていると伺いました。というのも、常長が渡航する2年前にも東北に大地震が起き、仙台藩は甚大な被害を受けていたのです。にもかかわらず、前例のない大航海に挑み、見事に成し遂げた仙台藩。サン・ファン・バウティスタ号を案内してくださった濱田直嗣館長が、仙台藩が使節団派遣のさまざまなことを請け負ったのは、震災からの復興事業の意味合いもあったのではないかとおっしゃっていました。政宗ならそこまで考えていたかもしれない、そう思えるとても印象に残るお話でした。

 

ミステリーハンター:前川 泰之

解答者 黒柳徹子、野々村真 ロバート・キャンベル、東 貴博、宮沢氷魚、池田美優

 

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

6月17日(日)講演会「伊賀惣国一揆と山論文書」参加者受付中。(伊賀市上野図書館様)

今月16日より上野図書館様で2016年に伊賀市様が購入した文書「伊賀国上柘植村・近江国和田・五反田村産論関係文書」が初公開となります。

それに先駆け、17日(日)に開催されます講演会「伊賀惣国一揆と山論文書」の参加者募集が本日より始まっております。電話などでご予約できますので気になる方はぜひ参加してみて下さい!!^^

 

 

【下記内容は「伊賀市教育委員会」様発行チラシより】

上野図書館が所蔵している歴史史料「伊賀国上柘植村・近江国和田・五反田村産論関係文書」が伊賀市有形文化財に指定されました。

この史料は戦国時代から江戸時代にかけて上柘植村と近江国五反田村(現在の甲賀市甲賀町和田・五反田)との間で起きた境界争いに関するものです。なかでも天正元年(1573年)の「甲賀郡奉行惣・伊賀奉行惣連署起請文」は、伊賀惣国一揆のありようを示す数少ない史料として注目されてきました。

 文化財指定記念として史料の展示と関連する講演会を行います。

参加は自由です。ぜひご参加ください。

 

展示期間 2018年6月16日(土)〜6月24日(日)

上野図書館2階展示コーナー(休館日:毎週月曜)

 

講演会「伊賀惣国一揆と山論文書」

【講師】三重大学教育学部教授 藤田達生さん

【日時】6月17日(日)午後2時〜3時30分

【会場】伊賀市上野図書館 2階視聴覚室

【定員】50名

【お問い合わせ先】上野図書館 0595-21-6868 FAX:0595-21-8999

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -