戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

11月25日(土)開催!第1回とよはしシンポジウム 続日本100 名城選定記念「城の魅力−吉田城と戦国−」(豊橋市様)

今年、日本城郭協会制定「続日本100名城」に吉田城が選定されたことを記念した吉田城見学会とシンポジウム「城の魅力−吉田城と戦国」が11月25日(土)に開催されます。ともに当日受付(見学会は少雨決行)で無料となっていますので、お近くの方はぜひ城攻め・評定ともにご参加下さい!!^^

【下記内容は「豊橋市」様プレスリリースより】

第1回とよはしシンポジウム 続日本100 名城選定記念「城の魅力−吉田城と戦国−」を開催します
豊橋市文化財センターでは、今年度より市内の歴史や文化財を扱うシンポジウム「とよはしシンポジウム」を開催していきます。
今回は、先ごろ続日本100 名城に選定された吉田城を取り上げ、全国的に活躍する城郭研究者や文献史学者をお招きして、市民向けに分かりやすく城の魅力を伝えます。

日 時:11 月25 日(土) 【城攻め】(吉田城見学会) 10:30〜11:30
             【評定】(シンポジウム) 13:20〜16:40

会 場:【城攻め】豊橋公園内 吉田城址
          【評定】 豊橋市民文化会館 大ホール(定員450 名)

講 師:中井均さん(城郭研究者、滋賀県立大学教授)「吉田城の魅力−全国的な視点から」
    加藤 理文さん(城郭研究者、[公財]日本城郭協会理事)「五か国領有時代の徳川家康と吉田城」
          山田 邦明さん(文献史学者、愛知大学教授)「古文書が語る吉田城」
          萩原さちこさん(城郭ライター、城メグリスト)

問い合わせ:文化財センター TEL0532−56−6060
※当日は、美術博物館 TEL0532−51−2882

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

【戦国魂オンラインショップ】12月22日(金)正午受付分まで限定カラーも!!戦国魂コンシェルジュトート『紋付大きなデニムのトートバック』

 

戦国魂オンラインショップで12月22日(金)正午まで開催中のクリスマスフェア!!

本日は新商品の戦国魂コンシェルジュトートバック 『紋付大きなデニムのトートバック』のご紹介です^^

 

【オンラインショップ限定】

戦国魂コンシェルジュトートバック 『紋付大きなデニムのトートバック』(税抜2,300円)
http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/tt/tote-con_big

 

お客様が色々選んでご注文いただける戦国魂で人気のコンシェルジュサービス!

今回はA4サイズのものがラクラク入る、大きめのトートバックです。

ご注文頂く際、

・トートバックにプリントする家紋
・トートバックにプリントする文字
・プリントするカラー
が選べます。

 

≪注意事項≫
※製作に1〜3営業日かかります。
※ご注文が確定しますと、キャンセル、返品、変更はできませんのでご了承ください。

 

★戦国魂クリスマスフェア開催中★
ただいま生地のカラーはクリスマスレッド・グリーンも選べます! クリスマスフェア限定色となりますので、この機会にぜひご利用ください!!^^

 

【生地のカラー】

・デニム

・クリスマスレッド(期間限定)

・クリスマスグリーン(期間限定)

 

【仕様】
◆トートバック
  サイズ:本体約W430×H380×D160mm
       持ち手約40×590mm
  素材:コットン(370g/屐法〔12oz
  容量:約16リットル
  加工:熱転写

 

【オンラインショップ限定】

戦国魂コンシェルジュトートバック 『紋付大きなデニムのトートバック』(税抜2,300円)
http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/tt/tote-con_big

 

その他商品でも名入れサービスなど取り扱っております!!

↓↓ クリスマスフェア特設ページはこちらから ↓↓

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/xmas

☆3,000円以上お買い上げでクリスマスラッピングの無料サービスも実施中です☆

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -

11月22日(水)20時より放送の『尾上松也の謎解き歴史ミステリー』は「武田信玄 〜謎多き猛将の死〜」(BS11様)

よく知られた高野山霊宝館所蔵の肖像画が別人である可能性−と言われたり、最近では教科書からの記述削除問題などでも白羽の矢が立っている信玄公。古い時代の私には、偉大な先人とも言うべき信玄公と謙信公の記載を減らすくらいなら、古代史に時間かけ過ぎて最後のほう駆け足になる「授業あるある」をやめて〜!!と言いたくなりますが、、、、有識者様の考えは分かりませんが信玄公は永遠に不滅なのです(T_T)/

 

ともあれ、本日20時より放送の『尾上松也の謎解き歴史ミステリー』は「武田信玄 〜謎多き猛将の死〜」です。

ご覧になれます方はぜひどうぞ!^^

【放送内容は番組HPより】

第30回「武田信玄 〜謎多き猛将の死〜」

戦国時代の猛将・武田信玄は、天下統一を目指すも志半ばでこの世を去った。そして、その死については大きな謎が。実は信玄は死ぬかなり前から、自分の死を隠すために入念な準備をしていたという。現在でも、信玄の遺体がどこに埋葬されたのかはわかっていない。信玄の墓は全国各地にあるという。一体、信玄はどこに眠るのか?
番組では、その場所を探った。そして辿り着いたのが長野県諏訪湖。湖底を調査すると、武田家の家紋『武田菱』に似た菱形の人工物と思われる物体が見つかった。本当に信玄はここに眠っているのだろうか? 戦国武将・武田信玄。その死の謎に迫る。

 

ゲスト:磯山さやか(タレント)、山田順子(歴史考証家)

 

『尾上松也の謎解き歴史ミステリー』

放送日:2017年11月22日(水) 20:00〜20:54(BS11)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

【戦国魂オンラインショップ】12月22日(金)正午までの期間限定「幟ストラップ名入れサービス」実施中です!

戦国魂オンラインショップで12月22日(金)正午まで開催中のクリスマスフェア!!

 

本日は毎回大人気の期間限定「幟ストラップ名入れサービス」のご紹介です^^

↓↓ クリスマスフェア特設ページはこちらから ↓↓

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/xmas

 

☆幟ストラップに期間限定で名入れいたします☆


自分の名前はもちろん、家族や知人、戦国武将の名前や、お気に入りの四文字熟語など、オリジナルのストラップにしちゃおう!

(文字数は「12文字」までとなります。)
クリスマス限定バージョンとして付属品を「房付きストラップ紐」か「キーホルダー」から選べます!

期間もですがこちらは数量限定のため、ご利用の方はお早めにお願い致します!><

■仕様
基材:鉄、ニッケルメッキ仕上げ
仕上:両面ウレタン樹脂コーティング
サイズ:13mm×41
包装:PP袋
透明台紙:ペット
松葉紐:ナイロン、鉄(根付部)
紐サイズ:長さ60
台紙:紙
房部分の素材・成分:アクリル
キーホルダーの素材:ニッケルメッキ(サイズ:約4.5弌

期間限定!クリスマスプレゼントに!

【販売期間:11月18日12時0分〜12月22日12時0分】


幟ストラップ・キーホルダー【名入れサービス】 (税抜1,200円)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/xmas/nobori-strap-name

オンラインショップで12月22日(金)正午受付分までとなりますので、この機会をぜひお見逃しなく!!><

 

↓↓ クリスマスフェア特設ページはこちらから ↓↓

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/xmas

☆3,000円以上お買い上げでクリスマスラッピングの無料サービスも実施中です☆

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -

会期は11月26日(日)まで。特別展『高虎と嘉明―転換期の伊予と両雄』(愛媛県歴史文化博物館様)

文禄の役後から伊予国を二分して治めていた藤堂高虎と加藤嘉明といえば、その後の慶長の役の逸話や拝志騒動などもあり、当時からすでに不仲で知られていました。しかし会津・蒲生忠郷の無嗣断絶の際には高虎が「私事を抜きにすれば後任には嘉明が適任」と推挙した美談でも知られている両氏。ちなみにこの時亡くなった蒲生忠郷の正室は高虎の娘。弟の忠知が家を継ぐ事を認められ、嘉明に代わり蒲生家が伊予国に入封となった事を考えると、高虎と嘉明、両者ともに円満な結果だったのかもしれないですね^^;

 

−少しそれてしまいましたが、そんな二人をテーマにした特別展『高虎と嘉明―転換期の伊予と両雄』が11月26日(日)まで愛媛県歴史文化博物館様で開催中です。

近年の研究成果も含め見どころの多い特別展ですのでぜひお近くの方は今週末までに足を運んでみて下さい^^

【下記内容は「愛媛県歴史文化博物館」様HPより】

特別展「高虎と嘉明 ―転換期の伊予と両雄―」
開催期間 : 平成29年9月30日[土]〜11月26日[日]

 群雄が割拠した戦国時代から、豊臣秀吉や徳川家康によって天下が統一される時代は、激動の時代であり、それゆえ有名な武将も数多く輩出され、現代においても人々の注目を集めています。
 この時代、伊予を治めた武将の中に、藤堂高虎と加藤嘉明がいます。高虎は、何度も主君を変えながら出世した武将、また優れた築城技術を有したとして全国的にも著名であり、嘉明は、賤ヶ岳の七本槍としてよく知られています。彼らはともに、秀吉に見出され、文禄4年(1595)に伊予の大名となり、関ヶ原合戦の後、家康のもとで伊予半国20万石ずつを治める大名にまで成長します。その後、高虎は伊賀・伊勢へ、嘉明は会津へ転封になりますが、時代の転換期に伊予を支配した彼らは、伊予の近世の礎を固めるうえで大きく貢献した存在といえるでしょう。
 近年、県内においても、研究の進展などともあいまって、今治や南予では高虎、松山では嘉明への関心が高まりをみせています。本展では、高虎と嘉明に注目し関連資料を紹介するとともに、彼らが生きた時代の伊予の姿についても振り返ります。


【展示構成】
(1)いくさの世(秀吉のもとで/家康のもとで/豊臣から徳川へ)
(2)太平にむけて(伊予の知行/城・町の建設/村方の整備/寺社の保護/伊予八藩)

【主な展示資料】
加藤嘉明宛の豊臣秀吉朱印状(当館蔵)
伊予一国図(松山城蔵)
今治城下絵図(当館蔵)
木造阿弥陀如来立像(加藤家ゆかりの仏像)(個人蔵/当館保管)
賤ヶ岳の合戦図屏風(部分)(勝山城博物館蔵)
藤堂高虎所用の兜〔唐冠形兜〕(伊賀市蔵)

など約120点展示

 

 

◆愛媛県歴史文化博物館◆
住所:愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
TEL:0894-62-6222
開館時間 : 9:00〜17:30(入館は17:00まで)
休館日 : 月曜日(※ただし第1月曜日は開館、翌火曜日が休館。祝日及び振替休日にあたる場合は、直後の平日が休館。)

 

【アクセス】
松山自動車道「松山」ICから「西予宇和」IC経由で約50分
JR「卯之町」駅から車で5分、徒歩(遊歩道利用)で約20分
JR「卯之町」駅から歴史文化博物館行きバスで博物館前下車すぐ

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

『戦国dot魂シリーズ』武将キャラスタンドに「キリシタン大名」の蒲生氏郷と明石全登が新登場!!

ドット絵がかわいい『戦国dot魂シリーズ』武将キャラスタンドに「キリシタン大名」の蒲生氏郷と明石全登が新登場しております!!

さらにクリスマス限定企画!!

キリシタン大名「がもううじさと」・「あかしぜんとう(たけのり)」をお買い上げいただくと、教会っぽく飾れる「ステンドグラス風オブジェ」を1つプレゼント!

 

まとめ買いで更に嬉しいプレゼントも!!! (>▽<)b

「がもううじさと」・「あかしぜんとう」のうち、2つ以上同時にお買い上げの方には、雰囲気もさらに上がる宣教師「ばてれんくん」をプレゼント致します!!

 

「ステンドグラス風オブジェ」・「ばてれんくん」プレゼントは、戦国魂オンラインショップで12月22日(金)正午までの期間限定プレゼントとなります!!

この機会をぜひお見逃しなく!!><

 

↓↓ クリスマスフェア特設ページはこちらから ↓↓

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/xmas

 

 

 

■蒲生氏郷

六角家重臣、蒲生賢秀の子。 先見性に富んだキリシタン大名としても知られる。洗礼名はレオン。

降将の父と共に織田信長に拝謁したが、眉目秀麗で頭脳明晰であったため気に入られ、信長の子を妻に貰いエリート街道を歩む。

信長没後は秀吉に仕え各地を転戦し、東北のおさえとして会津に移った。

秀吉、家康よりも若く、織田家の一族という位置づけをうまく使えば、あるいは天下を狙えたかもしれないが、天は彼に十分な時を与えなかった。 享年40歳

 

■明石全登

宇喜多家家老、キリシタン武将として知られており、関ヶ原や大坂の陣では多くのキリシタンと共に出陣したと伝わっている。

不死鳥のような武将で、関ヶ原では西軍崩壊の中、乱戦の末東軍黒田の陣へと辿り着き、同じキリシタンとして匿われたともいう。

大坂の陣では大坂落城後、幕府は必死で全登の行方を捜したが見つからなかった。これは「明石狩り」と言われ、如何にその存在が恐れられていたかという証拠である。

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -

平成29年度小牧市歴史講座「織田信長をめぐる人々3」(小牧市様)

現在開催中の小牧市歴史講座の「織田信長をめぐる人々3」ですが、第3回(11月25日)「宣教師と信長」・第4回(12月2日) 「信長と子供―嫡男信忠を中心に―」がまだ若干数参加者の受付をされております。ご参加されたい方はぜひお早めにお問い合わせしてみて下さい^^

【内容】

平成29年度小牧市歴史講座「織田信長をめぐる人々3」

 

【開催場所・会場】

第1〜3回:まなび創造館あさひホール(ラピオ5階)

第4・5回:小牧市役所大会議室(東庁舎5階)

 

【開催日・期間】

平成29年11月11日〜12月9日の毎週土曜日(全5回)

各回午後2時〜3時30分(午後1時15分受付開始)


第1回11月11日(土)

「織田信長と徳川家康」 平野 明夫氏(國學院大學兼任講師) 終了

 

第2回11月18日(土)
「織田信長と三職推任―太政大臣か関白か将軍か―」 堀 新氏(共立女子大学教授) 終了

 

第3回11月25日(土)
「宣教師と信長」 高木 洋氏(元岐阜市歴史博物館長) 受付中 300名

 

第4回12月2日(土)

「信長と子供―嫡男信忠を中心に―」 和田 裕弘氏(戦国史研究家) 受付中 250名
(定員まで残り僅かのため、お問合せください。)


第5回 12月9日(土)

「『信長公記』作者太田牛一から見た織田信長」 金子 拓氏(東京大学史料編纂所 准教授)250名

 ※定員に達したため、受付を終了しました。
 

【申込み方法】
10月03日(火曜日)〜 12月08日(金曜日)
※第5回は定員に達したため、受付を終了しています。ご了承ください。
「歴史講座」(メールの場合は件名)、希望する回(複数希望可)、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢、性別を記入し、メールまたは、電話および直接生涯学習課窓口へ(市役所本庁舎3階)
電話:0568-76-1189
メール:sgakushu@city.komaki.lg.jp
※受付後、郵送にて受講のご案内を送付します。

※ファクス、郵便での受付は行っていませんので、ご注意ください。

 

【費用】

各回100円 ※受講料は、各開催日当日の受付時にご用意ください。

 

【問い合わせ先】
教育委員会事務局 生涯学習課 文化財係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1189 ファクス番号:0568-75-8283

 

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

11月19日(日)21時から放送の『歴天 〜日本の歴史を変えた天気〜』は「備中高松城の水攻め」「日本海海戦」(BS朝日様)

8か月ぶりの放送となります本日の『歴天 〜日本の歴史を変えた天気〜』は「『備中高松城の水攻め』『日本海海戦』」です。

天候から見る戦いの行方!!BSがご覧になれますからはぜひお忘れなく!!^^

【番組概要】
日本の運命を変えた歴史的大事件…そこに“天気”が大きく関わっていたとしたら? もしもその日の“天気”が違っていたら、日本の歴史は大きく変わっていたかもしれない! それが、歴史と天気の関係を解き明かす番組「歴天」のコンセプトです。
今回のテーマは、「備中高松城の水攻め」「日本海海戦」。もしアノ日の“天気”が違っていたら、日本の歴史はどうなっていたのでしょうか? 気象の専門家、歴史の専門家を交えて、「天気が決めた日本史」を徹底検証!

【備中高松城の水攻め】
戦国一の「城攻め巧者」と言われた羽柴秀吉。中でも最もユニークかつ空前絶後、最大規模の大作戦があった!それこそが「備中高松城水攻め」。「水攻め」とは、城の周囲に長大な堤防を築き、水を引き込んで城を孤立させ兵糧攻めにすること。記録によれば秀吉は、わずか12日間で高さ7m、長さ3キロもの堤防を作り、東京ドーム約40個分もの巨大な人造湖を出現させたという。しかしこの戦には、数多くの謎がある。400年前、わずか12日間で3キロもの堤防を築くことは出来たのか?さらに備中(現在の岡山県)は瀬戸内海式気候に属し、年間を通して雨の少ない地域。果たして水攻めは可能だったのか?スタジオには、秀吉の堤防をジオラマで再現。また最新の発掘調査結果などから秀吉の水攻めの謎を科学的に検証する。

【日本海海戦】
日露戦争で日本の勝利を決定づけた「日本海海戦」。天気は秋山参謀長が大本営に送って電文から判っている。“天気晴朗なれども浪高し”。しかし、この天気実は前日に予測されていた。予報を出したのは誰なのか?その情報は、作戦を左右したのか。そして、当日の天気は戦況に影響したのか。天気から日本海海戦を見ると意外な新事実が明らかになる。

【出演者】
本郷和人(歴史学者・東京大学史料編纂所教授)
多賀譲治(歴史学者・多賀歴史研究所 代表)
喜田 勝(ウェザーニューズ気象予報士・報道ステーション天気キャスター)
高橋伸二(岡山市教育員会 主査)
平野龍二(防衛省防衛研究所 戦史研究センター 博士)
本間智恵(テレビ朝日アナウンサー)

 

 

『歴天 〜日本の歴史を変えた天気〜』

放送日:2017年11月19日(日)よる9:00〜10:54放送

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

【戦国魂オンラインショップ】12月22日(金)まで!「クリスマスフェア」開催中です!!

11月18日(土)〜12月22日(金)正午まで戦国魂のオンラインショップでは「クリスマスフェア」を開催中です!!^^

↓↓ クリスマスフェア特設ページはこちらから ↓↓

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/xmas

今年は毎年人気の期間限定・名入れ幟ストラップのほか、今月発売したばかりのスクエアピンバッチもクリスマス限定でお好みのカラーが選べる仕様に!^^

 

またドット絵がかわいい『戦国dot魂シリーズ』の武将キャラスタンドには、「キリシタン大名」の蒲生氏郷と明石全登が新登場しております!!

★クリスマス企画★

キリシタン大名「がもううじさと」・「あかしぜんとう(たけのり)」をお買い上げいただくと、教会っぽく飾れる「ステンドグラス風オブジェ」も1つプレゼント!

 

まとめ買いで更に嬉しいプレゼントも!!! (>▽<)b

「がもううじさと」・「あかしぜんとう」のうち、2つ以上同時にお買い上げの方に宣教師「ばてれんくん」をプレゼント!!

 

オンラインショップで12月22日(金)正午までの期間限定プレゼントとなりますので、この機会をぜひお見逃しなく!!><

そのほか新作のコンシェルジュトートなどもございますのでそちらは改めてご紹介致します^^

 

 

↓↓ クリスマスフェア特設ページはこちらから ↓↓

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/xmas

☆3,000円以上お買い上げでクリスマスラッピングの無料サービスも実施中です☆

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -

11月18日(土)開催。「小牧山主郭地区第10次発掘調査現地説明会」(小牧市様)

先日多くのニュースでも報道されていましたが小牧山城の山頂西側斜面部分で見つかった虎口の跡と思われる石垣遺構についての現地説明会が明日18日10:30より開催されます。3つ目の虎口は江戸時代に描かれた古城絵図にも残っていない遺構跡で、信長屋敷があったと思われる位置から本丸への最短ルートに位置する事からも注目を集めています。

お近くの方や気になる方はぜひ現地説明会にご参加下さい!!^^

 

【下記内容は「小牧市」様HPより】

史跡小牧山主郭地区第10次発掘調査現地説明会

 

開催日・期間

平成29年11月18日(土曜日)午前10時30分〜 (1時間程度)

最終受付:11時30分※雨天の場合は翌19日(日曜日)に順延します。(小雨決行)


内容
織田信長築城時の遺構等の発掘調査現場の公開、資料の配布、発掘担当者による説明
定員 なし
場所
史跡小牧山主郭地区第10次発掘調査現場(小牧市堀の内一丁目 史跡小牧山(山頂小牧市歴史館北西側))
※受付は歴史館南側階段下広場で行います。

問い合わせ先
教育委員会事務局 小牧山課 史跡係
小牧市役所 本庁舎3階
電話番号:0568-76-1623 ファクス番号:0568-75-8283

お問い合わせはこちらから
当日問合先:小牧市役所(代表) 電話:0568-72-2101
※当日開催の有無および順延については午前8時に決定しますので、午前8時以降にお問い合わせください。
※当日発掘担当者は現場にいますので、小牧山課への電話はつながりません。この電話では、開催の有無及び順延についての問い合わせのみ回答いたしますので、ご了承ください。
※事前申し込みは不要です。

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -