戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2月24日(土)開催「駿府城跡天守台発掘調査」(静岡市歴史文化課様)

明日24日(土)駿府城天守台跡にて本年度の発掘調査説明会が行われます。

 

江戸城天守台よりも約23メートル×20メートルほど大きく日本一の規模であったことが判明している駿府城天守台。

堀の水際から19メートルの高さがあったと言われておりますが今回までの調査で北辺の石垣は「打ち込み接ぎ」で、天守が焼失した1635年のものとみられる焼けた石なども発見。天守台の北東部分からは全国でも数例しかない天守台に井戸も見つかったとのことでこの辺の話を詳しく聞くことが出来ます。

今後は今川期の遺構なども調べるそうですが、普段立ち入れませんのでこの機会をぜひお見逃しなく!^^


【駿府城跡天守台発掘調査 発掘情報館 きゃっしる】
H29年度調査の総まとめ!現場見学会を開催します!
平成30年2月24日(土)、1年間の調査成果を皆さんに報告する現場見学会を開催します!
今年度は天守台北辺が出現し、駿府城天守台の大きさが判明したほか、天守台内部構造が徐々に明らかになり、井戸も発見されました。調査員から詳しい解説を聴くことができるのは、今年度は今回限り!申込不要・入場無料ですので、当日はぜひ現場へお越しください!

【日時と内容】平成30年2月24日(土) 
(1)調査員による説明 10時〜10時15分 13時30分〜13時45分 
 ※小雨決行、調査員による説明´△箸發肪羯澆両豺腓詫眛25日(日)に延期
 ※参加者多数の場合は、 Ν以外にも随時開催

(2)立入禁止区域へ入ることができる時間 9時〜16時
 ※調査員による説明(1)´△12時〜13時は一部入場を制限します。
 ※見学ゾーン・発掘情報館きゃっしるは通常通り、9時〜16時30分(入場は16時まで)の間で見学できます。

【会場】静岡市葵区駿府城公園1−1 駿府城跡天守台発掘調査現場

【対象】どなたでも 
 ※現場は石等が多く足場が悪いため、歩きやすい服装でお越しください

【問合せ】静岡市歴史文化課 駿府城エリア活性化係
    (TEL 054-221-1085、平日8:30〜17:15)

 〇当日の問合せ先 駿府城跡天守台発掘調査現場事務所
    (TEL 054-255-5866、8時30分〜)

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

2月22日(木)21時から放送の『片岡愛之助の解明!歴史捜査』は「武田氏はなぜ滅亡したのか?信長VS勝頼の真実を追え!」(BS日テレ様)

本日21:00からBS日テレで放送の『片岡愛之助の解明!歴史捜査』は昨年5月放送回のアンコール放送「武田氏はなぜ滅亡したのか?信長VS勝頼の真実を追え!」です!

 

前回ご覧になれなかった方はぜひどうぞ!!^^


【下記内容は番組HPより】
すべての始まりは一人の男の死だった。
最強の戦国武将と言われた武田信玄、病死・・・。

時は戦国。天下を狙う織田信長を危険視した室町幕府。
将軍・足利義昭は信長包囲網というべきものを作り出していた。
その最強のカードこそ、信玄だった。

義昭の呼びかけに従い、武田氏最大兵力で出陣した信玄は、家康軍を散々に打ち破り、信長のいる尾張へと迫ろうとしていた。

だが、信玄の死によって信長包囲網は崩れ、信長は息を吹き返すことになる。
信玄の跡を継ぎ、武田氏を背負うことになったのが四男の勝頼。
長篠の戦いで、信長家康連合軍に完膚なきまでに叩きのめされ、信玄の死後9年で訪れた武田氏滅亡の「戦犯」とされてきた。

器がなかったとも言われる勝頼だが、実は武田氏最大の領土を実現し、信長、家康との戦い、そして生き残り戦略に手を尽くしたという。
武田勝頼の真実の姿とその戦いとは!?

滅亡の裏には、複雑な戦国のパワーゲームが!
武田氏を恐れた天下人信長の驚くべき知略が明らかに!

失われた武田氏の城「新府城」発掘調査で浮かび上がった、城に秘められた「滅亡」の要因が!

武田氏滅亡の真実に迫る!

 

 

#75「武田氏はなぜ滅亡したのか?信長VS勝頼の真実を追え!」

放送日:2018年2月22日(木)21:00〜22:00(BS日テレ様)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

姫路城 冬の特別公開「折廻り櫓 内部公開」は2月28日(水)まで!(姫路城管理事務所様)

8年ぶりに内部公開中の姫路城「折廻り櫓」ですが公開がいよいよ来週2月28日(水)までとなっております。

次回は何年後に再公開されるか分かりませんので、お近くの方や期間中に姫路にご旅行の予定のある方はこの機会をぜひお見逃しなく!!><

【下記内容は姫路観光コンベンションビューロー様「姫路観光ナビ ひめのみち」より】

2月1日(木)〜28日(水)まで姫路城 冬の特別公開としまして折廻り櫓内部をご覧いただきます。
姫路城の大天守のふもと、備前丸は、かつて姫路城を築城した池田輝政の御殿があったところです。
その備前丸の東北に、大天守の石垣にそっと寄り添い備前門と一体となった櫓が、折廻り櫓。
今回は、普段は公開していない折廻り櫓と備前門の内部をご覧いただきます。

 

開催日時:2018年02月01日〜2018年02月28日
開館時間:9:00〜16:00(閉門は17時)

開催場所:姫路城大天守南東 折廻り櫓

料金:無料 ※但し、姫路城の入城料は必要です。
 

「折廻り櫓」とは・・・

 折廻り櫓は、2層2階で、1階は東室、西室の2部屋からなり、2階は、東室、中室、西室の3室からなっています。2階は、柱材にすぺて檜が使われていました。御殿建築などで多用される樹種です。西室の中央には炉が切られ、住宅風の意匠が施されています。備前丸にあった御殿の一角を構成していたとみられます。

 折廻り櫓の名前は、当初、この櫓が、西側の大天守に接する場所で南に折れ曲がって櫓が続いていたことに由来していますが、この部分は、明治43年 (1910年 )の修理の時に取り除かれました。

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

2月22日(木)20時より放送の『英雄たちの選択』は「真説!北の関ヶ原合戦〜直江兼続VS.最上義光〜」(NHK様)

本日20時よりBSプレミアムで放送の『英雄たちの選択』は「真説!北の関ヶ原合戦〜直江兼続VS.最上義光〜」

慶長出羽合戦で知られる長谷堂城の戦いです!!

 

長谷堂といえば敵将でありながら兼続から「謙信・信玄にも覚えなし」とその武勇を賞賛された鮭延秀綱の活躍や、兼続と前田慶次との撤退選などの話も面白いですが、関ケ原の陰に隠れなかなか取り上げられることも少ない長谷堂での戦い。

ご覧になれます方はぜひお忘れなくご覧ください!!><

【下記内容は番組HPより】
愛の兜で知られる戦国武将・直江兼続。彼が、打倒家康を目指して、東北で戦ったのが「北の関ヶ原」といわれる戦いであった。兼続の野望とその戦略に迫る。

慶長5年9月15日、天下分け目の関ヶ原の戦い。同じ日、直江兼続の軍が、山形の最上義光の長谷堂城を攻撃した。世に「北の関ヶ原」といわれる戦いである。もし、この後、兼続の大軍が大挙、関東に乱入していれば、関ヶ原の勝敗は、完全にくつがえっていた可能性があった。兼続が、謙信以来の上杉家の誇りをかけて、家康に挑んだ戦いの始まりである。石田三成と連携して、家康を挟み撃ちにしようという兼続の戦略の真相に迫る。

 

【司会】磯田道史,渡邊佐和子,【出演】笠谷和比古,鈴木由紀子,小谷賢,【語り】松重豊

 

 

『英雄たちの選択』

放送日:2018年2月22日(木)午後8時00分〜 午後9時00分  NHKBSプレミアム

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

2月21日(水)20時より放送の『尾上松也の謎解き歴史ミステリー』は「徳川家康は2度死んだ?」(BS11様)

本日20時より放送の『尾上松也の謎解き歴史ミステリー』は「徳川家康は2度死んだ?」です。

影武者説に迫るミステリー!!ご覧になれます方はぜひお忘れなく〜^^

【放送内容は番組HPより】

第25回「徳川家康は2度死んだ?」

江戸幕府を開いた徳川家康は没後400年経つ今、家康の死にまつわる謎が浮上した。定説では1616年4月に死亡したとされるが、新説はその1年前の1615年に亡くなったというもの。日光東照宮に神として祀られている家康だが、実は大阪府堺市にも家康の墓があるという。もし、1615年に亡くなったとすれば、その空白の1年間を埋めた影武者の存在がいたのか?また、その死因は「病死」か「暗殺」か?家康の死にまつわるミステリーに迫る。

 

ゲスト:篠井英介(俳優)、河合敦(歴史研究家)

 

『尾上松也の謎解き歴史ミステリー』

放送日:2018年2月21日(水) 20:00〜20:54(BS11)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

2月20日(火)22時から放送の『先人たちの底力 知恵泉』は「上杉謙信、武田信玄、毛利元就 最強組織術SP」(NHK様)

本日22時より放送の『先人たちの底力 知恵泉』は「上杉謙信、武田信玄、毛利元就 最強組織術SP」戦国武将の中でも優れた家臣団を持つ事で知られる3人の物語です!!^^

ご覧になれます方はぜひお見逃しなく!!><

【下記内容は番組HPより】
戦国時代の世、抜群の知名度と人気を誇るのが、上杉謙信、武田信玄、毛利元就の3人。その実力は、組織運営のプロフェッショナルで、あの戦国の覇者、織田信長さえ恐れたほどだ。バラバラな国人たちを「義」でまとめあげたカリスマ・上杉謙信。武将の長所短所を見極め、戦国最強家臣団を作り上げた武田信玄。そして、3人の後継者たちを育て上げ、次代に家をつなげた毛利元就。三者三様、戦国大名の組織運営術に迫る。

 

『先人たちの底力 知恵泉』
放送日:2018年2月20日(火)NHKEテレ1 午後10時00分〜午後10時45分

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

【戦国魂天正記(東京ソラマチ店)】300円カプセルトイ『戦国の槍』入荷いたしました!!

300円カプセルトイの新商品『戦国の槍』を戦国魂天正記で販売中です!

「戦国の幟」も在庫僅かとなっておりますが「戦国の槍」もメーカー在庫が無くなり次第終了となります。

ガチャガチャの人気シリーズは、発売と同時にメーカー在庫も無くなる場合が多い為、気になる方はお早めにご利用下さい!!><

【商品内容】

戦国時代、戦闘の主力武器は刀でなく、槍でした。本商品は、伝説の語り継がれる名槍にスポットを当て、ガチャガチャ商品の限界まで、リアリティを追求した、保存版コレクションとなります。4つのパーツを連結し、220mmに及ぶ本格的な槍ミニチュア。名前が書かれた専用の展示台も着いています。(全5種)


・蜻蛉切
・御手杵
・片鎌槍
・人間無骨
・真田十文字槍

 

東京スカイツリータウン・ソラマチ店 戦国魂「天正記」 | permalink | comments(0) | -

2月18日(日)開催。『勝尾城筑紫氏遺跡保存整備シンポジウム ーよみがえる勝尾城筑紫氏遺跡ー』(鳥栖市教育委員会様)

明日2月18日(日)「勝尾城筑紫氏遺跡」の保存と整備活用を考えるシンポジウムが鳥栖市立図書館で開催されます。

先着順で定員80名ですが、筑紫氏に特化したとても濃そうな内容ですので可能な方はぜひ足を運んでみて下さい!!^^

 

【下記内容は「鳥栖市」様HPより】

『勝尾城筑紫氏遺跡保存整備シンポジウム  ーよみがえる勝尾城筑紫氏遺跡ー』

鳥栖市の北西部にある国指定史跡・勝尾城筑紫氏遺跡は、戦国時代後期に東肥前を中心に筑前・筑後まで勢力をふるった戦国武将・筑紫氏が本拠とした城館遺跡です。この史跡の保存と整備活用を推進するために、市民をはじめ多くの方々に史跡の価値を理解していただき、これから史跡整備 を進めていく上での諸問題を、市民の皆さんと一緒に考えるシンポジウムを開催します。

日時
平成30年2月18日(日) 13時00分〜[開場12時30分]

会場
鳥栖市立図書館2階視聴覚室
※当日は周辺地区の他行事のため混雑が予定されます。お車での来場には時間に余裕をもってお越しください。

定員
80名(申し込み不要:先着順)

【プログラム】
13:00〜13:10 開会あいさつ・趣旨説明

 

13:10〜14:10 基調講演「戦国期北部九州地域における流通網と鳥栖」
  宮島敦子氏(佐賀大学名誉教授・鳥栖市文化財保護審議会委員)

 

<休 憩>

 

14:20〜15:00 研究報告 1「勝尾城主筑紫氏の政治的地位」
  堀本一繁氏(福岡市博物館・勝尾城筑紫氏遺跡保存整備委員会委員)

 

15:00〜15:40 研究報告 2「実像の勝尾城筑紫氏遺跡―その構造と特質(仮題)」
  石橋新次氏(元鳥栖市教育委員会)

 

15:40〜16:20 研究報告 3「遺跡整備がもたらすもの―首羅山遺跡を事例として(仮題)」
  江上智恵氏(久山町教育委員会)

 

<休 憩>

 

16:30〜17:30 パネルディスカッション「勝尾城筑紫氏遺跡の保存整備を成功させよう!」
  コーディネーター 市村高男氏(大阪産業大学特任教授・勝尾城筑紫氏遺跡保存整備委員会会長)
  パネリスト 宮島敦子氏・堀本一繁氏・石橋新次氏・江上智恵氏

 

17:30 閉会あいさつ

 


■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市教育委員会事務局 生涯学習課 文化財係
電話番号 0942-85-369

 

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

【黒船社中】「薄桜鬼」×柊屋新七コラボ商品『薄桜鬼てぬぐい』販売中です!!^^

戦国魂の幕末グッズ専門サイト「黒船社中」にて薄桜鬼×柊屋新七コラボ商品『薄桜鬼てぬぐい』の販売を開始しております!

戦国魂でも度々お世話になっている京都黒染めの老舗「馬場染工業」。

その柊屋新七ブランドと「薄桜鬼」のコラボ商品となります。幕末グッズが欲しい方はぜひ「黒船社中」サイトもご覧ください^^

 

「黒船社中」HPはこちらから

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/kurofune

 

 

人気ゲーム薄桜鬼×京の黒染屋 柊屋新七のコラボてぬぐい

新選組を題材にした人気ゲーム薄桜鬼のキャラクターを京都の伝統工芸の黒染で刷り上げました。

黒と白のコントラストが大変美しく仕上がっています。
※一点ずつ刷り上げますので、誤差が生じますのでご了承ください。

●サイズ:300×900mm

 

薄桜鬼×柊屋新七 『薄桜鬼てぬぐい』 価格1,500円(消費税込:1,620円)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/kurofune/kgoods-haku_tenugui

 

 


こちらも新作!!大人気商品です!!

新選組A4クリアファイル!!

『箔押しクリアファイル 新選組』 価格342円(消費税込:369円)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/kurofune/kgoods-cf_makoto

 

幕末グッズ専門店「黒船社中」 | permalink | comments(0) | -

【戦国魂オンラインショップ】ご予約期間は2月18日(日)23:59まで!!モンスターストライク「墨絵グッズ」

モンストの人気キャラクター「極ノ忍 HANZO」、「フランス元帥ダルタニャン」、「楽園の守護者 ガブリエル」、「地獄を粛す神の炎 ウリエル」、「穢レノ常夜 黄泉」が御歌頭氏の墨絵アートを活かしたタンブラーやTシャツ、iPhoneケースになって3月24日(土)に発売となります!

 

現在、先行予約を受付中ですが期間は明後日2月18日(日)23:59までとなっております!!

 

発売日より順次発送となりますのでぜひ先行予約をご了承ください!!><

■モンスターストライク「墨絵アート」はこちら!
http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/monst
 

▼和風ろくべえタンブラー


・商品名:モンスターストライク 墨絵和風ろくべえタンブラー
<極ノ忍 HANZO/フランス元帥ダルタニャン/楽園の守護者 ガブリエル/地獄を粛す神の炎 ウリエル/穢レノ常夜 黄泉>
・価格:1,944円(税込)
・サイズ:口径8.3cm × H115mm(260cc)


▼墨絵手ぬぐい


・商品名:モンスターストライク 墨絵手ぬぐい
<極ノ忍 HANZO/フランス元帥ダルタニャン/楽園の守護者 ガブリエル/地獄を粛す神の炎 ウリエル/穢レノ常夜 黄泉>
・価格:1,620円(税込)
・サイズ:約W35 × H90cm


▼墨絵Tシャツ


・商品名:モンスターストライク 墨絵Tシャツ
<極ノ忍 HANZO/フランス元帥ダルタニャン/楽園の守護者 ガブリエル/地獄を粛す神の炎 ウリエル/穢レノ常夜 黄泉>
・価格:4,536円(税込)

・サイズ:S/M/L
 S:着丈69cm 身巾47cm 肩幅41.5cm 袖丈19cm
 M:着丈71cm 身巾50cm 肩幅44cm 袖丈20cm
 L:着丈73cm 身巾53cm 肩幅46.5cm 袖丈21cm


▼墨絵iPhoneケース


・商品名:モンスターストライク 墨絵iPhoneケース(6/6s/7/8対応)
<極ノ忍 HANZO/フランス元帥ダルタニャン/楽園の守護者 ガブリエル/地獄を粛す神の炎 ウリエル/穢レノ常夜 黄泉>
・価格:3,240円(税込)
・サイズ:約140 × 70 × 8mm


▼墨絵ファインアート


・商品名:モンスターストライク 墨絵ファインアート
<極ノ忍 HANZO/フランス元帥ダルタニャン/楽園の守護者 ガブリエル/地獄を粛す神の炎 ウリエル/穢レノ常夜 黄泉>
・価格:13,500円(税込)
・サイズ:W440 × H354 × D15mm

 

 

■モンスターストライク「墨絵アート」グッズはこちらから!!
http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/monst

 

©XFLAG
”XFLAG"、"モンスターストライク"、"MONSTER STRIKE"は株式会社ミクシィの商標および登録商標です。

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -