戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【イベント+新商品情報】9月23日・24日同時開催「全国山城サミット安来大会」・「戦国尼子フェスティバル」 !!

  

9月23日(日)・24日(月・祝)同時開催の「全国山城サミット安来大会」・「戦国尼子フェスティバル」 に戦国魂ブースが登場致します。

 

販売予定の新作・山城Tシャツ・トートはこちら!

 

そして墨絵師御歌頭の最新作「山中鹿介Tシャツ」

 

・「山中鹿介ポストカード」

 

・戦国dot魂「山中鹿介ドットスタンド」

なども会場にて販売いたします!

 

イベントの詳細につきましてはイベント公式HPでご確認下さい。

https://gassantodajo.com/

 

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

9月22日(土)22時より放送の『諸説あり!』は「薩摩最強伝説スペシャル」(BS-TBS様)

【下記内容は番組HPより】
今回のテーマは・・・「薩摩最強伝説スペシャル」
幕末は、西郷隆盛・大久保利通らが新たな時代を切り拓くべく勇躍。
戦国時代は、島津四兄弟が圧倒的な強さで九州のほとんどを手中に収めた。
薩摩の強さはいったいどこにあったのか?

▽負けたとされる薩英戦争で薩摩はイギリスを圧倒していた
▽島津家は九州統一をするつもりはなく名誉を守っただけ
▽伝説の島津退き口は家康本陣への中央突破ではなかった

 

ゲスト・・・桐野作人(作家)

 

#59 薩摩最強伝説スペシャル 最終回

放送日:2018年9月22日(土)22:00〜(BS-TBS)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

特別展『細川ガラシャ』9月24日まで開催中!!(熊本県立美術館様)

熊本県立美術館様で開催中の永青文庫展示室開室10周年記念・RKK開局65周年記念特別展「細川ガラシャ」の会期がいよいよ9月24日までとなっております。

ガラシャ本人をはじめ、関連武将の書状や所持品・パネル展示で100点以上も展示されておりますのでお近くの方でまだ行っていない方はぜひシルバーウィーク中に足を運んでみて下さい^^

 

【構成内容】

プロローグ ガラシャが生きた桃山時代の世界

 

第一章 戦乱に翻弄されたガラシャの前半生
 ふたりの父親、明智光秀と細川藤孝

 信長が取り持った忠興との結婚
 運命を変えた本能寺の変

 

第二章 大坂への転居とキリスト教との出会い
 忠興との復縁と大坂転居
 ガラシャ、キリスト教と出会う

 

第三章 ガラシャからの手紙

 

第四章 ガラシャの最期、守ったのは貞節か、信仰か
 西軍の挙兵とガラシャの最期
 ガラシャの死を乗り越えて、細川家と関ヶ原合戦
 ガラシャの死後、キリスト教政策の転換

 

第五章 死後に形づくられたガラシャのイメージ
 近世に形成された「節女」「烈女」イメージ
 逆輸入されたキリシタンイメージ

 

エピローグ こんにちのガラシャイメージ

 

特別展「細川ガラシャ」
永青文庫展示室開室10周年 RKK開局65周年
会期:2018年8月4日(土)〜2018年9月24日(月)
会場熊本県立美術館本館2階展示室
休館日:8月6日(月)、20日(月)、27日(月)、9月10日(月)、18日(火)

■主催
熊本県立美術館 公益財団法人永青文庫 熊本大学永青文庫研究センター
熊本日日新聞社 RKK熊本放送

■特別協賛
肥後銀行

■協賛
お菓子の香梅 金剛株式会社

【展覧会概要】
細川家ゆかりの名品をいつでも観覧できるスペースとして親しまれている永青文庫展示室。本展は、その開設10周年を記念する特別展です。  主役は、細川忠興に嫁いだ明智光秀の娘・玉。ガラシャの洗礼名で知られる女性です。その生涯は、幸せな新婚生活を送りながら、父が本能寺の変を起こしたために幽閉され、やがてキリスト教を熱心に信仰するようになり、関ヶ原合戦の直前に悲劇的な最期を迎えたというもの。波乱万丈な生きざまは、いまなお人々を惹きつけてやみません。

本展は、戦国乱世の激動と華やかな桃山文化を時代背景としつつ、ガラシャの動静を示す歴史資料やゆかりの品々を一堂に集め、100点を超える作品群でその実像に迫るものです。加えて、近世から現代まで語られ、描かれ続けてきたガラシャ関係の絵画や文学作品を展示。ガラシャイメージの歴史的変遷も跡づけます。

【主な展示品】
キリシタンとしてのガラシャを描いた 最初期の絵画
橋本明治《ガラシャ夫人像》 大正12年(1923) 島根県立美術館所蔵

 

戦国の名将にして、ガラシャの父
《明智光秀像》 桃山時代(17世紀) 本徳寺所蔵
※原本展示は9月3日から9月9日まで

ガラシャの夫・忠興の愛刀
《刀 銘 濃州関住兼定》室町時代(16世紀)永青文庫所蔵

本能寺の変の背景を示す話題の文書がせいぞろい
《長宗我部元親書状》天正10年(1582)5月21日付林原美術館所蔵

ガラシャが仕立てた忠興の雨具
《露払》桃山時代(16世紀)永青文庫所蔵

ガラシャ追悼のためにつくられた南蛮寺の鐘!?
《九曜紋南蛮鐘》桃山時代(17世紀)永青文庫所蔵

石田三成が真田昌幸父子に語ったガラシャの最期 長野県宝

《石田三成書状》慶長5年8月5日付(部分) 真田宝物館所蔵 ※8月28日(火)から展示

キリシタンとしてのガラシャを描いた最初期の絵画
浅見松江《細川伽羅奢》昭和5年(1930年)個人所蔵

 

 

◆熊本県立美術館◆
住所:熊本市中央区二の丸2番
TEL:096-352-2111
開館時間:9:30〜17:15(入館は16:45まで)
休館日:月曜日(祝日・休日の場合はその翌日)・年末年始

【アクセス】
<電車・バス>
JR「熊本」駅より熊本城周遊バス「しろめぐりん」で「熊本城二の丸駐車場」下車、徒歩3分
<市電>
熊本駅より熊本市電「熊本城・市役所前」または「花畑町」下車、徒歩約15分

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

【戦国魂オンラインショップ】戦国ドット絵スタンド「ひであき」・「ひでもと(からべんとう付き)」・「たいまつ」販売開始です!!

戦国ドット絵武将シリーズに新たな武将が追加となりました!!

今回は毛利家より2名「ひであき」と「ひでもと(からべんとう付き)」、そしてオブジェに「たいまつ」です^^

 

ひであき

※台・背屏風は付属しません。

 

戦国dot魂『こばやかわひであき』★武将キャラスタンド (税抜400円)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/dot-acc/acc-dot_hideaki

 

 

ひでもと

※台・背屏風は付属しません。

 

戦国dot魂『もうりひでもと』★武将キャラスタンド (税抜400円)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/dot-acc/acc-dot_hidemoto

 

 

たいまつ

※松飾りは付属しません。

 

戦国dot魂『たいまつ』★オブジェスタンド (税抜200円)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/dot-acc/acc-dot_taimatsu

 

その他キャラクターも好評発売中ですので、合わせてご検討ください^^

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/dot-acc

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -

【祝・戦国魂14周年】新商品続々登場予定です!^^

【祝・戦国魂14周年】ちょっと過ぎてしまいましたが、関ケ原合戦日でも知られる9月15日は戦国魂の結成記念日でもあります!!

皆様のおかげさまをもちまして戦国魂も無事14周年を迎えることができました!!

この場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m

 

現在「尼子フェスティバル」や「関ケ原合戦祭り」に向け、新商品も多数制作中ですが、オンラインショップでは「SEKIGAHARA アクリルスタンド」の販売を開始致しました!!

14th Anniversary Model SEKIGAHARA アクリルスタンド(税抜2,000円)

 

【素材】アクリル
【サイズ】210×65×110mm (土台210×65×5mm)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/sekigahara-stand

スマホスタンドや書類や封筒などの一時保管場所にも。

使い方は自由ですのでほかにも良い使い方を考えてみて下さい!!^^

 

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

「墨絵師『御歌頭』の世界展 in 東京ソラマチ」新商品その2

「墨絵師『御歌頭』の世界展 in 東京ソラマチ」新商品その2 は・・・・

画像があまり良くなくて申し訳ございませんが「墨絵師御歌頭 箔盛りポストカード」(税抜 各500円)です

 

第一弾は8種類となります。

墨絵・文字部分が少し盛り上がった印刷となります。ポストカードとしてももちろん使えますが、額に入れると物凄くかっこいいです!!^^

現在東京ソラマチの4階イベント会場(12番地)と戦国魂天正記(10番地)で販売中!!

 

明日はイベントもいよいよ最終日!!!

御歌頭さんによるライブペイントも開催されますのでぜひ皆様ご来店下さいませ!!^^

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

【イベント】★9月17日(月・祝)御歌頭氏ライブペイント開催時間のお知らせ★

17日(月・祝)御歌頭氏ライブペイント&サイン会

 

明日17日(月・祝)に開催されます墨絵師御歌頭さんによるライブペイントですが、

(第一回)13:00〜

(第二回)16:00〜

の開催となります。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

場所:東京スカイツリータウンソラマチ 東ヤード4F12番地
内容:墨絵展示、掛軸、屏風、撮影コーナー、グッズ販売

 

その他21:00まで、随時墨絵師御歌頭の描く墨絵が堪能できます。

 

★東京スカイツリータウン ソラマチ★

住所:東京都墨田区押上1-1-2
   東京スカイツリータウン・ソラマチ イーストヤード4F
営業時間:10:00〜21:00まで

休日:定休日なし

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

「墨絵師『御歌頭』の世界展 in 東京ソラマチ」新商品その1

現在東京ソラマチにて開催中の「墨絵師『御歌頭』の世界展 in 東京ソラマチ」ですが、新商品が登場しています!!

「墨絵師御歌頭 三変化iphone Case」(税抜3,000円)です^^

 

絵変わりのスマホケースですが、今回は「御歌頭武将画1」→「家紋」→「御歌頭武将画2」と柄が三変化します!

2変化するタイプはよく見ますが、この三変化する特殊印刷技術はなかなかお目にかかれないトップクラスの技術力です!><

 

種類は「伊達政宗」と「真田幸村」の2種類。対応機種はiphoneのみとなりますが「iphone6・6S /7/8用」と「iphoneX用」版の2種類となります。

 

現在東京ソラマチの4階イベント会場(12番地)と戦国魂天正記(10番地)で販売中です。

ご来店の際にはぜひどうぞ!!^^

東京スカイツリータウン・ソラマチ店 戦国魂「天正記」 | permalink | comments(0) | -

「墨絵師『御歌頭』の世界展 in 東京ソラマチ」開催中です!!^^

本日15日(土)より3日間、東京ソラマチ4F12番地イベントスペースにて墨絵師『御歌頭』の世界展を開催中です。
本年度の墨絵師御歌頭の集大成となる展示として、御歌頭さんの代表作品が一挙展示されるほか、グッズ販売もございます。


戦国武将はもちろんのこと、「銀河英雄伝説」、「トロといっしょ」、「ポケットモンスター」、「ソードアートオンライン」、「モンスターストライク」、そしてマーベル映画に登場するキャラクターなども展示しています^^

 

17日(月・祝)には御歌頭氏ライブペイント&サイン会も開催いたします!!

 

 

とき:2018年9月15日(土)、16日(日)、17日(祝)※ライブは17日のみ
場所:東京スカイツリータウンソラマチ 東ヤード4F12番地
内容:墨絵展示、掛軸、屏風、撮影コーナー、グッズ販売
   17日にはライブペイント&サイン会も実施。
   その他、随時墨絵師御歌頭の描く墨絵が堪能できます。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

★東京ソラマチ★

住所:東京都墨田区押上1-1-2
   東京スカイツリータウン・ソラマチ イーストヤード4F
営業時間:10:00〜21:00まで

休日:定休日なし

 

その他詳細につきましては戦国魂天正記(東京ソラマチ)HPでご確認下さい。

http://www.tokyo-solamachi.jp/shop/264/

東京スカイツリータウン・ソラマチ店 戦国魂「天正記」 | permalink | comments(0) | -

9月15日(土)開催「普源田砦跡現地説明会」(島根県埋蔵文化財調査センター様)

明日9月15日(土)戦国時代の山城跡である普源田砦跡と戦国時代の川跡が出てきた蔵廻り遺跡で現地説明会が開催されます。

三隅氏や益田氏に興味のある方はぜひご参加ください^^

 

【下記内容は島根県様プレスリリースより】

三隅益田道路で戦国時代の山城と川を発掘―普源田砦跡と蔵廻り遺跡の発掘調査成果についてー

 

 島根県埋蔵文化財調査センターでは、一般国道9号三隅益田道路改築工事に先立ち、浜田市三隅町岡見に所在する普源田砦跡と、益田市西平原町に所在する蔵廻り遺跡の発掘調査を実施しています。このたび、遺跡の状況が明らかになってきたことから、調査成果について現地説明会を開催します。

1.普源田砦跡(ふげんだとりであと)について
概  要:大規模な郭(くるわ)や堀切(ほりきり)のある戦国時代の山城を全面調査
調査期間:平成30年5月28日〜12月中旬(予定)
調査面積:約6,900
今年度の調査成果
 ・山城跡では県内初となる竪穴建物や、調査前は埋没して確認できなかった堀などを新たに発見。
 ・1500年代前半を中心とした陶磁器が出土。
発見の意義
・県内の戦国時代の山城跡の全体を発掘調査した例はほとんどなく、郭や堀切、建物の配置など山城の全体像を解明する発見となった。
・普源田砦跡の年代は三隅氏が益田氏と争った最後の時期であり、この地域の歴史を紐解く資料となる。

2.て
概  要:戦国時代の川跡と、江戸時代から明治時代の水田を発見
調査期間:平成30年5月14日〜9月20日(予定)
調査面積:1,500


今年度の調査成果
・現在の宅地の下で戦国時代の川跡や、川跡が埋没した窪地を利用した水田等を検出した。
・最下層の遺構である戦国時代の川跡は人工的に掘削された可能性があり、中国から輸入された陶磁器などが出土した。
発見の意義
・輸入陶磁器は、川跡の南岸でまとまって出土しており、付近に有力者が存在したことが明らかになった。

3.現地説明会の開催
 ・日  時:平成30年9月15日(土)
       10:00〜11:00 蔵廻り遺跡
       14:00〜15:00 普源田砦跡
 ・駐車台数が限られますので、できるだけ乗り合わせでお越しください。
 ・滑りにくい靴でご参加ください、少雨の場合でも開催します。

 

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -