戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

9月25日(月)22時より放送の『にっぽん!歴史鑑定』は 「信長の才を見抜いた男〜斎藤道三」(BS-TBS様)

本日BS-TBS様で放送の『にっぽん!歴史鑑定』は「信長の才を見抜いた男〜斎藤道三」です。

なかなか取り上げられることの少ない人物ですがもっと掘り下げて欲しいくらいの凄い人物!美濃の蝮こと斎藤道三!

皆様もぜひご覧ください!!^^

【下記内容は】

『国盗り物語』で有名な戦国武将・斎藤道三。
若いころ、“うつけ”と言われていた織田信長の才能をいち早く見抜いた斎藤道三の人物像を明らかに。
一代で国盗りを実現したと言われているが、実はそうではなかった?
道三はどのようにして信長の才能を見抜いたのか?
そして、遺言に書かれていた驚きの内容とは?

 

ナビゲーター:田辺誠一

 

#128「信長の才を見抜いた男〜斎藤道三」

放送日:2017年9月25日(月)22:00〜22:54

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

9月23日(土)22時から放送の『諸説あり!』は「伊達政宗の野望」(BS-TBS様)

9月23日(土)22時から放送の『諸説あり!』は「伊達政宗の野望」(BS-TBS様)

本日22時から放送の『諸説あり!』は「伊達政宗の野望」です。
ゲストは河合敦さん。ぜひご覧ください!!^^

 

【下記内容は番組HPより】

ゲスト:河合敦(多摩大学客員教授/歴史研究家)

 

★伊達政宗の野望!発見された書状が明らかにする天下統一計画!
▽秀吉を倒し天下を狙っていた!敵方に寝返りを促す血判状発見▽政宗暗殺未遂事件は自作自演?なぜ…死んだはずの弟が生きていた▽真田幸村と極秘の作戦…▽独眼竜はうそ?
独眼竜の異名をとる戦国武将、伊達政宗。戦国の終わりに現れた政宗は、豊臣秀吉、徳川家康を相手に、密かに天下取りの野望を抱き続けた。しかし、圧倒的な勢力の前に屈するしかなく、政宗は遅れてきた武将として、その名を歴史に刻む。だが、本当に政宗は、秀吉や家康の後塵に甘んじていたのだろうか?伊達政宗の人生の裏側には、驚くべき野望が隠されていた!今回は伊達政宗にまつわる諸説を徹底検証!「伊達政宗は、秀吉を倒し、天下統一を狙っていた?!」
「伊達政宗暗殺未遂事件は自作自演だった?!」「伊達政宗は真田幸村と手を組み、家康を討とうとした?!」…諸説から浮かび上がる、伊達政宗の野望、450年目の真実とは?!

 

#19「伊達政宗の野望」

放送日:2017年9月23日(土)22:00〜54:54(BS-TBS)

戦国魂NEWS | permalink | comments(1) | -

9月24日(日)鳥取城跡で現地説明会開催。

明日鳥取城跡で13時からと14時からの2回、現地説明会が開催されます。

詳細がアップされていない為、今回は朝日新聞様の記事でご紹介となりますが、お近くの方はぜひ足を運んでみて下さいm(_ _)m

 

【下記内容は2017年9月22日付「朝日新聞」様記事より】

鳥取)未知の石垣など発見 鳥取城跡の発掘調査

 

 発掘調査が進む鳥取城跡(鳥取市)で古絵図に記載のない未知の石垣が発見されるなどした。市教委が21日、報道各社向けの現地説明会で明らかにした。

 市教委文化財課によると、今回の説明会の対象は6月中旬に調査を開始した敷地約500平方メートル。未知の石垣は、三ノ丸南側の従来の石垣(高さ約4メートル)の手前で発見された。確認されたのは幅約11メートルにわたる最も下の列だけだが、3〜4列(高さ約1・5メートル)積まれていたとみられる。この発見で三ノ丸南側の石垣が段状の構造だったことが明らかになった。二段構えにすることで石垣の強度を上げる目的があったことなどが考えられるという。

 今回、約100メートルに及ぶ排水路の全容も明らかになった。排水路は三ノ丸西側から城内の主要通路だった大手登城路に沿い、土砂を沈殿させる排水設備「沈砂桝(ちんさます)」を経て堀までつながっていた。発掘された桝は縦約2メートル、横約2・5メートル、深さ約1・2メートル。上層の水を堀に注ぐことで堀への土砂の流出を防いでいたという。桝を含めた排水路が発掘されるのは全国的にも珍しいという。

 ほかに番所跡(約50平方メートル)も発掘された。城の正門である中ノ御門を抜けた後に位置し、柱を乗せる礎石が複数見つかった。

 同課の坂田邦彦・文化財専門員(39)は「実際に掘って構造がわかってきたことは発掘の成果。これからの復元に生かしていきたい」と話す。市は大手登城路の復元整備を進めており、来年度にまず堀を渡る擬宝珠橋が完成する予定。

 

     ◇


 一般向けの現地説明会は24日午後1時、午後2時の2回。集合場所は仁風閣裏口周辺。参加無料。問い合わせは市教委文化財課(0857・20・3367)。

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

9月23日(土・祝)開催。「姫路城城下町跡(備前門)現地説明会」(兵庫県姫路市埋蔵文化財センター様)

明日9月22日(土・祝)13:30より姫路城の西の玄関口「備前門」の石垣跡が初めて見つかったことによる現地説明会が開催されます。石積みには打込みハギの技法が用いられ、江戸初期に造られたとみられているそうですが、気になる方はぜひ現地説明会に参加してみて下さい><

 

【下記内容は「兵庫県姫路市埋蔵文化財センター」様HPより】

姫路城城下町跡(備前門)の現地説明会のご案内
姫路市埋蔵文化財センターでは、発掘調査において姫路城外曲輪の南西に位置する備前門の石垣を発見しました。
備前門は、西国街道の城内への西の玄関口であり、参勤交代の大名行列も通過する場所でした。そのため、姫路城の城門の中でも特に厳重に守りを固める構造だったようです
みつかったのは備前門枡形南面の堀に面する石垣の一部です。
幅2mの範囲で、2段・6石分の石垣と裏込石を確認しました。石垣には、最大のもので幅約80cm、高さ70cm、奥行き80cmと大きな割石が使われていました。

日  時
2017年9月23日(土・祝) 13:30〜(1時間程度)
※少雨決行

場  所
姫路市魚町71番地  地図はコチラ(PDF:174KB)
※魚町通りの西端 発掘調査現場

 

〈経路案内〉
・JR姫路駅より北西に徒歩15分
・神姫バス姫路駅北口乗場より1、31〜37番
系統に乗車(1区間)、十二所神社前下車 北へ徒歩5分

 

※現地に駐車場はありません。
   公共交通機関をご利用下さい。

参加方法
当日、現地へお越し下さい。事前申込はいりません。
※調査現場内ですので、歩きやすい靴でご参加下さい。

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

9月21日(木)22時から放送の『歴史ミステリー日本の城見聞録』は織田信長の城革命スペシャル 『君臨のシンボル“天主”出現! 安土城の秘密』(BS朝日様)

本日BS朝日様で放送の『歴史ミステリー日本の城見聞録』は織田信長の城革命スペシャル 『君臨のシンボル“天主”出現! 安土城の秘密』です。ご覧になれる方はお見逃しなく!!^^


【番組内容】
天下人、織田信長。革命児と呼ばれた武将は、それまでの常識を根底から覆すような「城」を次々に築いた。これぞ名付けて「信長の城革命」。その集大成と呼ばれる城が「安土城」だ。
極彩色の巨大な天主、高く積まれた石垣、升形の防御システム。信長が最初に取り入れた城の形は全て、その後の城で取り入れられた技術。まさに安土城こそ“近世城郭の原点”と呼ぶにふさわしい城なのだ。
信長はこの城で何をしようとしていたのか? 今回は、城案内人の大谷亮介が、安土城に秘められた謎を探ることで、信長の頭の中まで解析を進めていく。

 

『歴史ミステリー日本の城見聞録』(BS朝日)
放送日:2017年9月21日(木) 22時00分〜22時54分(BS朝日)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

9月21日(木)21時から放送の『片岡愛之助の解明!歴史捜査』は「新説!大名の中で、なぜ大谷吉継だけが関が原で死んだのか?」(BS日テレ様)

本日21:00から放送の『片岡愛之助の解明!歴史捜査』は<それぞれの関ヶ原>「新説!大名の中で、なぜ大谷吉継だけが関が原で死んだのか?」です!

 

前回に続き関ケ原に関する内容です!ぜひお見逃しなく!!><


【下記内容は番組HPより】
それぞれの関が原。
関が原に至る、武将たちの生き残りレースで、それぞれがどう動いたのか?
戦いで、武将たちが見せた決断や生き様から関ヶ原の真実をあぶりだす。

今回は・・・・大谷刑部吉継の関が原。
西軍の要、大谷吉継はこの戦いで、大名クラスでただ一人、命を落としてしまう。

これまで歴史捜査では、大谷吉継が西軍の要として、石田三成とともに様々な勝利の布石を打って、家康を追い詰めていたことを明らかにした。
しかし、一体なぜ、関ケ原の戦いは短い間に決着したのか?
今回、その謎を解く上で重要なカギとなる新説が浮上した!

勝敗のカギを握ったのは、これまでの定説とは違う西軍の布陣と大谷吉継が陣を敷いた場所にあるという!

今まで歴史捜査してきた関ヶ原の戦いを振り返りつつ、なぜ、大谷吉継だけが戦場で自刃することになったのか?
最新研究で明らかになった真実とは・・!?歴史捜査です!

 

 

#89 <それぞれの関ヶ原>「新説!大名の中で、なぜ大谷吉継だけが関が原で死んだのか?」

放送日:2017年9月21日(木)21:00〜22:00(BS日テレ様)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

10月9日(月・祝)開催!滋賀県 東京シンポジウム「近江戦国史掘慇鏐餠畊召遼覲け』」(滋賀県教育委員会様)

今年で三回目となります滋賀県の東京シンポジウムが10月9日(月・祝)に開催されます。

今回は応仁の乱・六角氏・そして戦国時代の近江についてと、幅広く充実したす内容となっております。
事前申込みが始まっておりますので、参加されたい方はぜひお早めにご応募下さい!!^^

 

【下記内容は「滋賀県教育委員会」様プレスリリースより】
〜「戦国の近江」地域の魅力発信事業・東京シンポジウム〜 「近江戦国史掘慇鏐餠畊召遼覲け』」を開催
<日時:10月9日(月・祝)、場所:国立オリンピック記念青少年総合センター>

 

滋賀県は、県内に数多く残る戦国遺跡に新たな価値を発見し、その魅力を発信する「シンポジウム近江戦国史掘慇鏐餠畊召遼覲け』」を、平成29年10月9日(月・祝)、東京都の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催します。
当日は、まず「応仁の乱と戦国の動乱」をテーマに、末柄豊(すえがらゆたか)氏(東京大学史料編纂所准教授)を講師に招き、約11年続いた応仁・文明の乱の結果、室町幕府の権威が衰退し全国各地で台頭しはじめた強力な戦国大名について紹介します。つづく「戦国時代の六角氏」と題した発表では、強力な権力を持った戦国大名が誕生しなかった近江で、鎌倉時代からつづく守護大名である六角氏の支配が、応仁の乱、将軍の近江動座や伊庭の乱を経てどのように変化していくのかを解説します。こうした点に着目することにより、六角氏の居城観音寺城をはじめ、将軍の近江動座や伊庭の乱に関わる城郭遺跡や古戦場について見出された新たな価値を体感していただきます。
東京で開催するシンポジウムは今年で3年目となります。過去2年の開催は大変好評を博し、多くの方から継続を望まれていました。滋賀県ではこれからも、県外の方々に近江の戦国遺跡へ来訪され、歴史に思いをはせていただけるように「戦国の近江」の魅力を様々な形で広く発信していきます。

「シンポジウム近江戦国史掘彝詰
【日 時】平成29年10月9日(月・祝)13:30〜16:30 ※開場12:30
【場 所】国立オリンピック記念青少年総合センター
      センター棟4階417セミナー・ルーム 
      〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
       ※小田急線参宮橋駅下車 徒歩約7分
       ※東京メトロ千代田線代々木公園駅下車 徒歩約10分
【主 催】滋賀県教育委員会
【内 容】 岷仁の乱と戦国の動乱」
       講師:末柄 豊(東京大学史料編纂所准教授)
     ◆崟鏐饂代の六角氏」
       講師:松下 浩(滋賀県教育委員会事務局文化財保護課)
     B价漫崟鏐餠畊召遼覲け」
       末柄 豊、松下 浩
【参加費】無料
【定 員】300名(事前申込制、先着順)
【参加申し込み・問合せ先】
     ●参加申込方法:FAX・電話・メールにて、住所(都道府県まで)・氏名(ふりがな)・
             連絡先(携帯電話推奨)を添えて下記までお申し込みください。
          滋賀県教育委員会事務局文化財保護課城郭調査係
          TEL:0748-46-6144 FAX:0748-46-6145 E-mail:ma16@pref.shiga.lg.jp
          または、滋賀県教育委員会事務局文化財保護課 TEL:077-528-4670〜4675
     ●申込締切:平成29年10月5日(木)17:00

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

【ニュース】9月19日(火)22時から放送の『先人たちの底力 知恵泉』は「三代目・徳川家光 組織を上手に受け継ぐには」(NHK様)

本日22時より放送の『先人たちの底力 知恵泉』は「三代目・徳川家光 組織を上手に受け継ぐには」です^^

ご覧になれます方はぜひお見逃しなく!!><

【下記内容は番組HPより】
3代将軍・徳川家光はいかにして偉大なる先代、先々代から組織を引き継いだのか?うるさがたの長老たちを掌握する家光の知恵は、3代目店主・二宮アナの役に立つのか?


二宮アナが知恵泉3代目店主になって半年。とかく3代目は、初代や2代目と比べられ、先代から仕える人々に認められるために苦労すると言われる。そんな中、江戸幕府3代将軍の家光は、どのように幕府を引き継ぎ、発展させていったのか、2回シリーズで迫る。1回目は、いかに先代からの家臣たちを掌握したのかにスポットをあてる。カギを握っていたのは、あの独眼竜・伊達政宗だった!?

 

『先人たちの底力 知恵泉』
放送日:2017年9月19日(火)NHKEテレ1 午後10時00分〜午後10時45分

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

多機種Androidも対応!!「戦国魂墨絵ブックレットスマホケース」が新登場!

9月15日の「戦国魂14周年」を記念し、新商品も続々リリース致しました。

今回はその中からスマホケースをご紹介です!!><

 

ご要望の多かった多機種Android対応型のスマホケースですが、その第一弾として墨絵師・御歌頭さんとコラボした「戦国魂墨絵ブックレットスマホケース」が新登場です!^^

※iPhone7プラスや画面の大きいサイズの一部Androidはご利用できません。

 下記対応サイズもご確認のうえ、お求め下さいませm(_ _)m

 

・墨絵師『御歌頭』の墨絵、戦国魂の佩楯柄、留め部には家紋などを採用
・ブック背部分には御歌頭の落款
・内部はシール貼りでAndroidやiPhoneなど多機種の装着が可能

  (対応サイズは縦15×横8×厚さ1.2儖米)
 ※iPhoneの一部の機種は表面の金属加工により剥がれやすいため、薄い透明のプラスチックケースなどを付けてからのご使用をおススメいたします。
・カードスロット3、札なども入る大型スロット1
・スライド式でカメラ部分を露出。写真撮影にも対応。

墨絵ブックレットスマホケースの種類は5種類!!

『川中島合戦』

『大谷吉継』

『石田三成』

『真田幸村』

『伊達政宗』

 

戦国魂×墨絵師『御歌頭』戦国魂墨絵ブックレットスマホケース

価格3,980円(消費税込:4,298円)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/okazu_book_case

またネットショップ限定で会員特別価格もございます!!

会員特別価格3,800円(消費税込:4,104円)

 

簡単な会員登録だけで特別価格でご購入いただけます商品も多数ございますので、まだの方はこの機会にぜひ会員登録もしてみて下さい^^

http://www.sengokudama.jp/

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

12月22日〜24日開催!!『お城EXPO 2017』入城券販売中です!!(お城EXPO実行委員会様)

今年も『お城EXPO 2017』が12月22日〜24日にパシフィコ横浜で開催されますが、チケットの先行発売が始まっております。

各日、戦国時代のエキスパートである先生方による講演会も行われますので、チケットはイープラスやセブンイレブンでもご購入いただけます。ぜひお早めにお買い求め下さい^^

『お城EXPO 2017』
開 催 日:2017年12月22日(金)〜12月24日(日)
開城時間:12月22日(金)13:00〜21:00(最終入城 20:30)
     12月23日(土・祝)10:00〜18:00(最終入城 17:30)
     12月24日(日)10:00〜17:00(最終入城 16:30)
会 場:パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
主 催:お城EXPO実行委員会
(公益財団法人日本城郭協会、 株式会社ムラヤマ、 株式会社東北新社、 パシフィコ横浜)

 

詳細につきましては『お城EXPO 2017』公式HPにご確認下さい

http://www.shiroexpo.jp/

 

内 容:

●テーマ展示
日本100名城&続日本100名城写真展、 厳選城絵図展、 城めぐり観光情報ゾーン、
エンタメステージ、 ワークショップ&セミナー、 お城のジオラマ模型展、
熊本城復興支援コーナー、 城下町 物販ブース、 お城EXPOフォトコンテスト、イベントステージ、 お城シアター ほか

 

●厳選プログラム
お城のスペシャリストたちが登壇する、 ここでしか聞けない貴重な講演会、 フォーラム、 トークショー
※都合により、 内容、 プログラムは変更になる場合がございます。
U R L:www.shiroexpo.jp
問い合わせ先:「お城EXPO 2017」事務局 TEL:045-662-9522(平日10時〜17時)

< 厳選プログラム スケジュール >
---------------------------------------------------------------------------------------
■12月22日(金)
A 13:30〜14:30 「中世の続日本100名城について」中井均
B 15:00〜16:00 「近世の続日本100名城について」加藤理文
C 17:00〜18:00 「戦国の城の魅力と見どころ」小和田哲男
D 19:00〜20:00 「戦国夜話〜前田家の城・細川家の城〜」本郷和人
---------------------------------------------------------------------------------------
■12月23日(土)
E 11:00〜12:00 「三大名城について考える」春風亭昇太、 萩原さちこ
F 12:30〜13:30 「江戸城始図から見た江戸城」千田嘉博
G 14:30〜16:00 「関ケ原合戦における豊臣家の位置」笠谷和比古、 小和田哲男、 小和田泰経
H 16:30〜17:30 「天守の構造と意匠を見直す」三浦正幸
---------------------------------------------------------------------------------------
■12月24日(日)
I 11:00〜12:00 「信長の天下戦略と長篠城攻防戦」金子拓
J 12:30〜13:30 「武田氏の領国拡大と城郭」平山優
K 14:00〜15:00 「城を攻める 城を守る」伊東潤、 樋口隆晴
L 15:30〜16:30 「北条氏の領国と城」諏訪間順、 黒田基樹
---------------------------------------------------------------------------------------

 

< チケット情報 >
■一般発売日:2017年9月15日(金)
■チケット種類:
---------------------------------------------------------------------------------------
●入城券 (テーマ展示の観覧が可能)
<一般>当日1,800円/前売1,500円
<小・中学生>当日800円/前売500円
※税込価格
※未就学児は無料
※会期中のいずれか1日にテーマ展示の全てをご覧いただけます。
---------------------------------------------------------------------------------------
●厳選プログラム指定券 (入城券と合わせてご購入ください)
<一般/小・中学生>当日・前売1,000円(1講演につき)
※税込価格
※一般/小中学生は一律料金
※厳選プログラムの中の1つをご指定の上、 お買い求めください。
※前売り状況などにより予告なく前売券や当日券の販売を終了する可能性がございます。
※未就学児の厳選プログラムへの参加はご遠慮ください。
---------------------------------------------------------------------------------------
●ワンデイ入城券 (テーマ展示と厳選プログラムに終日参加可能)
<一般/小・中学生>前売3,500円
※税込価格
※一般/小中学生は一律料金
※当日券の販売はございません。
※数量限定
※指定日の全てのプログラムを終日ご参加できます。
※チケットぴあのみで販売します。
---------------------------------------------------------------------------------------
※厳選プログラムへの参加をご希望の方は、 ワンデイ入城券(1日終日参加可能)か、 厳選プログラム指定券(1枚につき1講演のみ)をお買い求めください。
※出演者の情報は、 「お城EXPO 2017」WEBサイトよりご確認ください。
※都合により厳選プログラム、 出演者等は変更になる場合がございます。

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -