戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

12月7日(水)20時から放送の『尾上松也の古地図で謎解き!にっぽん探究』は「大坂の陣前夜 豊臣秀頼『豪胆な徳川手切れ』」(BS11様)

本日20時からBS11で放送の『尾上松也の古地図で謎解き!にっぽん探究』は第59回「大坂の陣前夜 豊臣秀頼『豪胆な徳川手切れ』」です。お時間のある方はぜひご覧下さい!!^^

【放送内容は番組HPより】

今回のテーマは、「大坂の陣前夜 豊臣秀頼『豪胆な徳川手切れ』」

 

▼ひも解く歴史の謎
ゝぜ紊罵ソ隻埣任魯Ε宗「豪快」だった秀頼の実像
家康への「悪意に満ちた礼状」
K戮遼笋疥ては豊臣方にとって「最善の選択」!?

真田信繁(幸村)が「真田丸」を築き大活躍した大坂の陣。家康の言いがかりとも言われる「方広寺鐘楼事件」がきっかけとなり、戦いが始まったというのが歴史の定説である。
しかし史料をひもといていくと、秀頼と家康が対面した「二条城の面会」と「方広寺鐘楼事件」の間に些細な出来事があり、それが開戦のきっかけとなった可能性があることが分かった。
カギとなるのは、秀頼による家康への「悪意に満ちた礼状」。暗愚でひ弱、周囲の人間に振り回され豊臣家を滅亡させたというイメージを持たれている秀頼。大坂の陣前夜に仕掛けた秀頼の行動から、彼の豪胆な人物像が浮かび上がる。歌舞伎俳優・尾上松也と中村隼人が歴史の真実に迫る。
 

 

古地図案内人:福田千鶴(九州大学文学部教授)

 

 

『尾上松也の古地図で謎解き!にっぽん探究』

放送日:2016年12月7日(水) 20:00〜20:54(BS11)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

恒例のクリスマスキャンペーン開催中!今年は「キリシタン武将」アクキーがもらえる!?

戦国魂オンラインショップにて今年も恒例のクリスマスキャンペーンを開催中です!

http://www.sengokudama.jp/

この期間限定の幟ストラップ「名入れサービス」などもございますので、ぜひご利用下さい^^

また今年は3,000円以上お買い上げのお客様に、黒田・小西・蒲生・明石の家紋を彫刻した「キリシタン武将アクリルキーホルダー」をプレゼントしております。

 

「甲冑護符」などの人気商品も一部入荷いたしましたので、

この機会にぜひオンラインショップもご利用下さいませ。

 

 

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -

「戦国IXA」12月の新武将は9名!(スクウェア・エニックス様)

bn_ixa.jpg
戦国IXA様の12月2日のアップデートで新武将【極】小田氏治、織田信忠 【特】加藤嘉明、岡部元信、山内一豊 【上】花 【序】羽柴秀勝の7名と、期間限定武将カードとして【極】村上武吉 【極】今川氏親(取引不可)2名の合計9名が追加されております。

各期間限定武将カードは3か月周期での入れ替えとなりますので、  ぜひ今回登場分の武将カードにつきましてもゲット目指してみて下さい^^

 

小田氏治

カードNo:2184
よみがな:おだうじはる
レア度:極
コスト:3.5
HP:100
指揮兵数:3,320
攻撃力:890
Lv.Up加算量:24
防御力:920
Lv.Up加算量:26
兵法:475
Lv.Up加算量:2
槍兵統率:S
弓兵統率:B
騎馬統率:B
兵器統率:A
スキル名:不死鳥
スキル属性:防御
作家名:BISAI


織田信忠

カードNo:2185
よみがな:おだのぶただ
レア度:極
コスト:3.5
HP:100
指揮兵数:3,340
攻撃力:930
Lv.Up加算量:27
防御力:880
Lv.Up加算量:23
兵法:440
Lv.Up加算量:2
槍兵統率:B
弓兵統率:A
騎馬統率:S
兵器統率:A
スキル名:降魔の残兵
スキル属性:速度
作家名:isuZu


今川氏親

カードNo:2744
よみがな:いまがわうじちか
レア度:極
コスト:2.5
HP:100
指揮兵数:2,940
攻撃力:870
Lv.Up加算量:24
防御力:870
Lv.Up加算量:24
兵法:510
Lv.Up加算量:2.5
槍兵統率:A
弓兵統率:A
騎馬統率:A
兵器統率:A
スキル名:今川仮名目録
スキル属性:特殊
作家名:小森ニコ


村上武吉

カードNo:2934
よみがな:むらかみたけよし
レア度:極
コスト:3.5
HP:100
指揮兵数:3,360
攻撃力:940
Lv.Up加算量:32
防御力:940
Lv.Up加算量:30
兵法:490
Lv.Up加算量:2.5
槍兵統率:A
弓兵統率:A
騎馬統率:B
兵器統率:S
スキル名:村上舟戦要法
スキル属性:攻撃
作家名:正子公也


加藤嘉明


カードNo:3292
よみがな:かとうよしあき
レア度:特
コスト:2
HP:100
指揮兵数:2,230
攻撃力:790
Lv.Up加算量:20
防御力:740
Lv.Up加算量:18
兵法:425
Lv.Up加算量:2
槍兵統率:A
弓兵統率:B
騎馬統率:C
兵器統率:A
スキル名:沈勇の士
スキル属性:攻撃
作家名:碧風羽


岡部元信


カードNo:3293
よみがな:おかべもとのぶ
レア度:特
コスト:3
HP:100
指揮兵数:2,780
攻撃力:820
Lv.Up加算量:18
防御力:850
Lv.Up加算量:21
兵法:430
Lv.Up加算量:2.5
槍兵統率:B
弓兵統率:A
騎馬統率:A
兵器統率:B
スキル名:比類なき忠功
スキル属性:防御
作家名:東柚己


山内一豊


カードNo:3294
よみがな:やまうちかつとよ
レア度:特
コスト:3
HP:100
指揮兵数:2,750
攻撃力:810
Lv.Up加算量:18
防御力:880
Lv.Up加算量:21
兵法:470
Lv.Up加算量:2
槍兵統率:A
弓兵統率:C
騎馬統率:A
兵器統率:B
スキル名:一国忠言
スキル属性:防御
作家名:戸橋ことみ



カードNo:4207
よみがな:はな
レア度:上
コスト:2
HP:100
指揮兵数:1,790
攻撃力:550
Lv.Up加算量:17
防御力:490
Lv.Up加算量:16
兵法:410
Lv.Up加算量:1.5
槍兵統率:C
弓兵統率:B
騎馬統率:C
兵器統率:D
スキル名:弓隊襲撃
スキル属性:攻撃
作家名:双羽純


羽柴秀勝


カードNo:5155
よみがな:はしばひでかつ
レア度:序
コスト:2.5
HP:100
指揮兵数:1,950
攻撃力:480
Lv.Up加算量:17
防御力:460
Lv.Up加算量:15
兵法:350
Lv.Up加算量:2
槍兵統率:C
弓兵統率:E
騎馬統率:B
兵器統率:D
スキル名:騎馬隊奇襲
スキル属性:攻撃
作家名:JUNNY


その他詳細・ゲームのプレイ方法などにつきましては「戦国IXA」様公式ページでご確認下さい。
http://sengokuixa.jp/

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

「蜻蛉切」や「太鼓鐘貞宗」なども公開中!企画展『名刀は語る 磨きの文化』(佐野美術館様)

佐野美術館様の創立50周年・三島市制75周年記念して企画展『名刀は語る 磨きの文化』が2月19日(日)まで開催中です。天下三名槍の一つ「蜻蛉切」や短刀「太鼓鐘貞宗」などの他、国宝重要文化財11点を含む約80点が展示されています。

 

まだご覧になられていない方は、ぜひ冬休みなどを利用して行ってみてはいかがでしょうか!?

佐野美術館様は収蔵品もさることながら庭園がとても美しい美術館ですので、ぜひ足を運んでみて下さい!!^^


『名刀は語る 磨きの文化』
会期:平成28年11月12日(土)〜平成29年2月19日(日)

 

名刀が美しい輝きを放っているのは、鍛刀されてから今日に至るまでの数百年の間、絶えず磨き続けてきた人々がいたからです。この間、名刀は多くの人の手に渡り、それにふさわしい多くの物語が生まれました。「磨く」ことで輝きを得る刀と、名刀を持つことでそれに相応しい己になるべく自己を「磨く」人々がいたのです。
本展では日本人が培ってきた、磨くことによって素材の美しさを引き出す文化をテーマに、刀剣をはじめ、拵(こしらえ)に使用される金工技法や漆工技法も含めご紹介します。


※前期(11月12日〜12月23日)・後期(1月7日〜2月19日)で作品を一部入れ替えます。
※本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の入館料を2割引します。
※週末は駐車場の混雑が予想されるので、公共交通機関のご利用をお勧めします。


【主な出品作品】
■重要文化財 秋草文黒漆太刀拵 室町時代 中 太刀 銘 豊後国行平作 鎌倉時代

前期展示[11月12日〜12月23日]

■国宝 薙刀 銘 備前国長船住人長光造 鎌倉時代
■重要文化財 刀 無銘 正宗 鎌倉時代
■重要文化財 刀 金象嵌銘 備前国兼光/本阿弥(花押)〈名物 大兼光〉南北朝時代
■重要美術品 脇指 銘 相模国住人広光/康安二年十月日〈号 火車切〉南北朝時代 付 黒漆塗小サ刀拵 室町時代

後期展示[1月7日〜2月19日]

■国宝 太刀 銘 一 鎌倉時代 個人蔵
■重要文化財 短刀 銘 国光 鎌倉時代 付 金梨子地葵紋蒔絵合口拵 江戸時代
■重要文化財 刀 朱銘 義弘/本阿(花押)〈名物 松井江〉鎌倉時代
■重要文化財 沈金獅子牡丹文長覆輪太刀拵 室町時代 個人蔵
■重要美術品 太刀 銘 来国俊 鎌倉時代

特集展示「注目の刀が語る」
■大笹穂槍 銘 藤原正真作 (号 蜻蛉切) 室町時代 個人蔵 
■重要文化財 短刀 無銘 貞宗(名物 太鼓鐘貞宗) 鎌倉〜南北朝時代 個人蔵
など、国宝重要文化財11点を含む約80点。


◆佐野美術館◆

住所:静岡県三島市中田町1−43
TEL:055-975-7278

開館時間:10:00〜17:00(入館の受付は16:30まで)
休館日:木曜日、12月24日(土)〜1月6日(金)

 

【アクセス】
<車>
東名自動車道「沼津」I.Cまたは新東名自動車道「長泉沼津」I.Cより約20分
<電車>
・JR「三島」駅南口より徒歩約17分
・伊豆箱根鉄道線「三島田町」駅より徒歩約3分
<バス>
JR三島駅南口より
・沼津登山東海バス(4番乗り場:新城橋行き又は、大平行き)
・三島循環バス「せせらぎ号」(1番乗り場)

で「佐野美術館」下車。

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

12月3日(土)20:00から放送の『合戦前夜〜武将たちのストラテジー〜』第2話「長篠の戦い 織田信長-うつけ的マネーの革命児-」(ヒストリーチャンネル様)

新しく始まりましたヒストリーチャンネル様の新番組『合戦前夜〜武将たちのストラテジー〜』。

その第2話は「長篠の戦い 織田信長-うつけ的マネーの革命児-」となります!

 

ヒストリーチャンネルをご覧になれます方はぜひお忘れなく!

また再放送も設定されておりますので、観れない方はこちらもご活用ください!^^

【番組概要】
新しい時代を切り開こうと武将たちは、それぞれの個性を活かして活躍した。
その背景には、どのような戦略があったのか?真田幸村、織田信長、毛利元就、豊臣秀吉、彼らの合戦では、情報網を駆使したIT戦略、部下の資質を見抜く采配、最悪の状況を想定する危機管理など、数々の施策が奏功した。 この番組では、現代におけるビジネスに置き換えて実際の企業などの具体例をあげて説明。武将たちの「ストラテジー=戦略」を気鋭の経営学者がビジネスの観点から現代にも役立つ視点で解き明かしていく。
 

第2話『長篠の戦い 織田信長-うつけ的マネーの革命児-』
放送日:2016年12月3日(土)20:00〜21:00

再放送:2016年12月04日(日)6:00〜 /  12月10日(土)19:00〜 / 12月17日(土)23:00〜
 


【出演者】
入山章栄(経営学者)
早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール准教授
三菱総合研究所で調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年 米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年 米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。 2013年より現職。 著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』(日経BP社)などがある。

本郷和人(歴史学者)
東京大学史料編纂所 教授
1983年 東京大学文学部卒業。大学院に進み、1988年 東京大学史料編纂所に助手として入所。史料編纂所の助教授を経て、現在、教授。文学博士。 著書には『中世朝廷訴訟の研究』(博士論文)、『新・中世王権論』などがある

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

3000円以上お買い上げのお客様に限定「キリシタン大名アクリルキーホルダー」をプレゼント!

【戦国魂 ネットショップ】3000円以上お買上げのお客様に、ナタラ(クリスマス)限定「キリシタン大名アクリルキーホルダー」をプレゼントいたします!12月22日正午までのご注文分に限ります!

戦国魂 天正記では12月3日より、3000円以上お買い上げのお客様にプレゼントさせていただきます。

オンラインショップは期間中すべてのお客様へのプレゼントとなります。

天正記につきましては誠に恐れ入りますが、限定数に達し次第終了となります。

数は多めにご用意しておりますが、無くなりました際はレジ前に終了POPを掲示させていただきます。

ご迷惑をおかけ致しますが何卒ご了承くださいませ。

 

両店ともに皆様のご来店心よりお待ちいたしております。

 

-ナタラと戦国-
戦国時代に伝わったキリスト教。伝わった当時の日本では、クリスマスは「ナタラ」と呼ばれていました。
また永禄16年(1568)にはイエズス会・ルイスフロイスによって日本で初となる「クリスマス休戦」が織田信長と松永久秀との間で実現しております。

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

「上田真田三代十勇記」第六弾イベントは12月4日(日)!!「上田へ駆ける想い、幸村最期の手紙」

イ┃ ベ┃ ン┃ ト┃ 情┃ 報┃

━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛

3月より上田市・真田十勇士ガーデンプレイスにて開催されました「上田真田三代十勇記」イベントですが、いよいよ12月4日(日)の第六弾でラストの予定となります!!(T‗T)/~

 

第六弾は歴史好きの声優さんとしても知られる遠近孝一さんをお迎えしての『上田へ駆ける想い、幸村最期の手紙』です!!

ちなみにイベント告知画像のイラストは、ご存知の方も多いかと思いますが添田一平氏です!

ポスターあるなら欲しいという人が続出しそうですが、フィナーレに相応しいなんとも言えないイラストですね!!><

 

『上田へ駆ける想い、幸村最期の手紙』
開催日時:2016年12月4日(日) 13:00〜15:00(予定)
会場:真田十勇士ガーデンプレイス
イベント内容:音楽ライブ、声優ショー
参加費:無料

 

ゲスト

●声優ショー

・遠近孝一(声優)

東京俳優生活協同組合所属。声優界きっての歴史好きとしても有名。アニメでは、「NARUTO」(日向ねじ役)や「探偵学園Q」(天草流役)を務める他、ナレーションや洋画吹き替え、またラジオなどでもご活躍中。

・真田徹(仙台真田家十三代当主)

 

●音楽ライブ
・和装侍系音楽集団MYST.

・さくらゆき

 

 

皆様ぜひお誘いあわせのうえ、真田十勇士ガーデンプレイスに御来場下さいませm(_ _)m

 

 

 

◆真田十勇士ガーデンプレイス◆

住所:長野県上田市中央三丁目8番6号(うえだ原町一番街商店会内)

入場料: 無料

開場時間: 10:00〜18:00

お問合せ: 0268-21-0121

 

【アクセス】

<車>

上信越自動車道上田管平ICから車で約10分

<電車>

北陸新幹線上田駅、しなの鉄道上田駅から徒歩10分(または路線バス3分)

 

 

その他イベント詳細につきましては公式サイトでご確認ください

http://sanada10.garden/

 

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

12月3日(土)13:30より開催。「鹿児島(鶴丸)城跡発掘調査・石垣修復現地説明会」(鹿児島県様)

明日12月3日(土)13:30より鹿児島(鶴丸)城跡で発掘調査・石垣修復の現地説明会が開催されます。島津忠恒により築城された鶴丸城。今回は石工の「技と激戦の跡を巡る」限定公開となりますので、お近くの方はぜひお忘れなく、足を運んでみて下さい^^

【下記内容は「鹿児島県」様HPより】

鹿児島(鶴丸)城跡における発掘調査・石垣修復現地説明会を開催します
県歴史資料センター黎明館敷地の一部となっている県指定史跡「鶴丸城跡」(昭和28年指定)においては,現在,県により,御楼門部の石垣・排水溝等の修復工事並びに修復工事等に必要な埋蔵文化財発掘調査を実施しているほか,御楼門及び御角櫓の建設に向けた取組を進めているところです。
修復工事及び発掘調査により明らかになった石垣・排水溝の状況や発掘調査の出土品は,鹿児島の歴史や先人の高い技術等を窺い知ることのできる貴重な資料であることから,ぜひ多くの方々にご覧いただきたく,このたび現地説明会を開催いたします。


1開催趣旨
県指定史跡「鶴丸城跡」において,現在,県により実施している,御楼門部の石垣・排水溝等の修復工事並びに修復工事等に必要な埋蔵文化財発掘調査の成果を県民に公開・説明する機会を設けることにより,鶴丸城跡に対する理解を深め,さらには,城跡を身近な文化財として,より広く親しまれ・誇れる存在とすることを目指す。
また,御楼門・御角櫓建設,石垣保全整備,埋蔵文化財発掘調査など,鶴丸城跡における県の取組について,県民への周知を図る。

2開催日時
(1)日時
平成28年12月3日(土曜日)13時30分から16時30分まで(所要時間:約90分)
雨天決行・荒天中止とします。天候によっては,雨具等をご用意ください。

(2)受付時間・場所
13時00分から15時00分まで県歴史資料センター黎明館正面玄関前
上記受付時間帯の中で,ご都合のよい時間にお越しください。
県歴史資料センター黎明館への交通アクセスはこちらです。

3開催場所
県歴史資料センター黎明館敷地内,県立図書館敷地内

4参加対象
どなたでも参加できます。
参加費無料,事前申込み不要です。

5実施内容
鶴丸城跡内の修復工事を実施している御楼門部の石垣や排水溝,埋蔵文化財発掘調査の現場に設定した説明ポイント(5箇所を予定)を参加者に巡っていただき,県立埋蔵文化財センターの文化財担当職員等が遺構等について説明します。

【説明ポイント】
(1)御楼門部天端部(石塁・排水溝跡)
(2)能舞台跡
(3)御角櫓跡周辺(県立図書館敷地内の堀・井堰跡)
(4)御楼門部枡形内(礎石,石垣(銃弾痕等))
(5)横矢掛り跡
1箇所当たりの説明時間約10分,移動等含めてトータル90分程度を予定しています。
上記のほか,発掘調査出土品等(鬼瓦,薩摩焼,記念碑,日時計等)を展示します。

6その他
御楼門建設工事や地下遺構保全のため,今回の説明会は,清掃後のきれいな石垣や発掘された地下遺構(堀,排水溝等)を見学できる最後の機会です。
参加者には当日,黎明館常設展を団体割引料金で観覧できる特典があります。
黎明館及び周辺施設の駐車場には限りがあり,当日は,混雑が予想されます。お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
歩きやすい服装,靴でお越しください。(サンダル,下駄,革靴等は見学に不向きです。)

7お問合せ先
総務部県民生活局生活・文化課楼門等建設推進室
〒890-8577鹿児島市鴨池新町10番1号
TEL:099-286-2506FAX:099-286-5537

戦国イベント情報 | permalink | comments(0) | -

12月1日(木)22時から放送の『歴史ミステリー日本の城見聞録』は「国宝松江城 無敵武将の堅固な要塞」(BS朝日様)

本日22:00よりBS朝日で放送の『歴史ミステリー日本の城見聞録』は「国宝松江城 無敵武将の堅固な要塞」です。

こちらもぜひご覧下さい^^

【番組内容】
2015年7月、悲願であった国宝指定が実現した松江城。天守の高さは姫路城、松本城に次ぐ国内3番目。黒が基調の外観は力強く、戦場に建つ古武士のような風格をたたえています。そんな山陰最大の砦と呼ばれる城を築いた武将は堀尾吉晴。

信長、秀吉、家康という3人の天下人に重用され信頼された吉晴は、戦上手として数々の戦場で武功を挙げ、さらに豊臣政権では中老職も務めました。

そんな吉晴の松江城は、実戦で修羅場を潜り抜けて来た武将にしか作れない城。幾つもの城門と櫓が行く手を防ぎ、攻め手を巧みに誘い込んで、一網打尽する罠も数多く仕掛けられています。まさに、どんな武将にも決して落とす事ができない難攻不落の城でした。

しかし時代の波が松江城を飲み込みます。吉晴の死後、三代目となる藩主に跡継ぎが生まれなかった事を理由に、その時、天下を我が物にしていた徳川幕府は堀尾家を取り潰し処分にしました。こうして堅固な守りを誇った名城、松江城は、結局、一戦を交えることもなく無情にも奪われてしまったのです。

番組では、百戦錬磨の武将、堀尾吉晴の類まれなる築城の知恵と、心血を注いだ城を奪われた無念を追いました。


放送日: 2016年12月1日(木) 22時00分〜22時54分(BS朝日)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

12月1日(木)21:00より放送の『片岡愛之助の解明!歴史捜査』は 真田丸 総決算!第二弾「大坂の陣はいかにして起きたのか?家康VS秀頼の真相に迫る!」(BS日テレ様)

・・・毎年言っている気もしますが、気づけば12月、、、今年もあと僅かとなってしまいました^^;

今年全国的に賑やかしてくれた『真田丸』も残り数回。

久々に視聴率もとれている大河ドラマだっただけに、ちょっと残念ですが。。。

 

というわけで各地のイベントもテレビもですが、そろそろクライマックスに向けての総決算です!

本日21:00からBS日テレ様で放送の『片岡愛之助の解明!歴史捜査』は、真田丸 総決算!第二弾「大坂の陣はいかにして起きたのか?家康VS秀頼の真相に迫る!」です。気になる方はぜひご覧くださ〜い!><


【下記内容は番組HPより】

わずか半日足らずで、東軍の勝利となった関ヶ原の戦い。
慶長8年(1603)、徳川家康は征夷大将軍に就任し、江戸に幕府を開く。
これまでの通説では、これをもって家康の天下が定まったとされてきた。
しかし、最近の研究では、家康の天下が非常に不安定だった事が判明する!
実は、亡き秀吉が構築した豊臣政権のシステムは、関ヶ原の戦いの後も機能し続けていたのだ!
“秀頼公が成人したあかつきには天下人として君臨する”
家康は、まだ幼かった秀吉の遺児・秀頼が成人し、政権運営ができるようになるまでの“つなぎ”に過ぎなかった!?
天下を奪取する為、家康は詰将棋の如く、着々と西へ手を伸ばす!

さらに、晩年の家康の隠居地とされる“駿府”。
しかし家康は隠居どころか、その駿府の地で政治を動かし、外交交渉まで行っていたことが歴史捜査で明らかに!
駿府は実質的な首都だった!?

そして大坂の陣が起きたきっかけとされる方広寺鐘銘事件。
これまでは寺の鐘に刻まれた文字に家康が言いがかりをつけた事から大阪攻めが始まったとされてきた。
しかし、今回の捜査で、それを覆す新たな説が浮上!

関ヶ原の戦い直後から大坂冬の陣開戦前夜まで、14年間に渡って繰り広げられた家康と秀頼の“冷たい戦争”の実態を解き明かす!

 

 

#60 真田丸 総決算!第二弾「大坂の陣はいかにして起きたのか?家康VS秀頼の真相に迫る!」

放送日:2016年12月1日(木)21時00分〜22時00分(BS日テレ)

 

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -