戦国魂ブログ

新感覚戦国時代プロジェクト「戦国魂」の公式ブログです。
新商品情報や戦国関連のイベント・戦国時代にまつわる最新情報などなど、幅広くご紹介!
戦国魂グッズの通販はhttp://www.sengokudama.com/ 情報ページはhttp://www.sengokudama.com/ でご確認いただけます。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

★東京ソラマチ 「戦国魂天正記」 3/28(土)、29(日)臨時休業のお知らせ★

東京ソラマチ 3/28(土)、29(日)臨時休業のお知らせ

 

【お知らせ】

東京都から発表されました外出の自粛要請を受けて、3/28(土)3/29(日)の全館臨時休業が決定致しました。戦国魂天正記も休業となりますので何卒ご了承下さいませ。

 

https://www.tokyo-solamachi.jp/news/861/

営業再開は、3月30日(月)11:00を予定しております。(20:00までの短縮営業)

ご迷惑をおかけ致しますがご理解の程よろしくお願い致します。

 

 

◆戦国魂天正記◆

住所:東京都墨田区押上1-1-2
   東京スカイツリータウン・ソラマチ イーストヤード4F
 

その他詳細につきましては戦国魂天正記(東京ソラマチ)HPでご確認下さい。

http://www.tokyo-solamachi.jp/shop/264/

東京スカイツリータウン・ソラマチ店 戦国魂「天正記」 | permalink | comments(0) | -

★「戦国BASARAグッズ」追加リリースのお知らせ★

イベント後、在庫切れとなっておりました下記新商品のオンラインショップでの販売を開始致しました!

次回入荷日・再販未定の商品となりますので、迷っている方はこの機会をお見逃しなく、ぜひお早めにゲットしてください!><

 

戦国BASARAグッズはこちらから!

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/basara

 

・墨絵キャンバスアート 

・巾着

・パスケース 

・名刺ケース

・トレーディング六角形缶バッジSD

・トレーディング六角形缶バッジ

・トレーディングアクリルカード

 

戦国BASARAグッズはこちらから!

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/basara

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -

3月24日(火)放送の『歴史科学捜査班』は「解剖!真田丸 徳川軍撃破の秘密は地形にあり」(BS11様)

本日20時から放送の『歴史科学捜査班』は再放送「解剖!真田丸 徳川軍撃破の秘密は地形にあり」です!

ご覧になれる方はぜひお忘れなく!^^

【下記内容は番組HPより】

赤備えの甲冑で戦場を駆け抜け、日本一の兵と評された武将・真田信繁(幸村)。信繁がその名を轟かせたのは慶長19年、1614年に豊臣軍と徳川軍が激突した「大坂冬の陣」。信繁は前線に出向き徳川軍と激闘。その戦場で自らの牙城としたのが「真田丸」である。信繁は徳川軍を巧みに「真田丸」へとおびき寄せ撃退した。「真田丸」とはどのようなものであったのか?捜査班は城郭考古学のプロフェッショナルで大河ドラマ「真田丸」のセットを監修した千田嘉博さんとともに現地を徹底調査を敢行。真田丸の跡地に未だ残る「盛り上がった地形」、空撮映像で判明する真田丸の規模、さらに最新研究で判明した大坂冬の陣、当時の地形を再現。真田丸の真実に迫る。

スタジオ出演者:高橋真理子(朝日新聞 科学コーディネーター)、黒田基樹(駿河台大学 教授)

 

 

『歴史科学捜査班』 

第39回「解剖!真田丸 徳川軍撃破の秘密は地形にあり」

放送日:2020年1月24日(火)

放送時間:よる8時00分〜8時58分

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

3月16日(月)22時から放送の『にっぽん!歴史鑑定』は再放送「戦国の女たち 信長の正室・濃姫」(BS-TBS様)

本日の『にっぽん!歴史鑑定』は再放送「戦国の女たち 信長の正室・濃姫」です。

信長との婚姻後、いつの間にか史料にも登場しなくなってしまう謎の女性・濃姫。『美濃国諸旧記』では帰蝶や鷺山殿、『武功夜話』では胡蝶などその呼び方も様々ですが、、、、本編を見られなかった方はぜひ今晩ご覧ください^^

【下記内容は番組HPより】
戦国の革命児・織田信長。その正室として若き日の信長を支えた女性が濃姫だった。夫・信長の活躍に比べ濃姫にまつわる史料は少なくその生涯は謎に包まれている。『美濃国諸旧記』によれば、濃姫は 天文4年(1535年)「美濃のマムシ」として恐れられた斎藤道三の娘として生まれた。そんな彼女がなぜ相次ぐ奇行で「大うつけ」とよばれた信長の元に嫁ぐことになったのか? 信長がもっとも寵愛したといわれる側室・吉乃との関係とは?本能寺の変で濃姫は信長と共に死んだというのは本当なのか? 近年の発掘調査や研究成果を元に戦国の世を逞しく生きた一人の女性の生涯に迫る。

 

ナビゲーター:田辺誠一

 

#188「戦国の女たち 信長の正室・濃姫」(再)

放送日:2020年3月23日(月)22:00〜22:54(BS-TBS)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

カラビナ武将アクリルキーホルダーの第二弾「徳川家康 しかみ像」が新発売です^^

シュールさが売りのこの商品!!  

第一弾は織田信長と長宗我部盛親でしたが、第二弾として徳川家康が新登場です。

 

■カラビナ武将アクリルキーホルダー(税抜700円)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/karabina-busho

 

【第一弾】
『織田信長』・『長宗我部盛親』
  
【第二弾】
『徳川家康』しかみ像

※オプションの丸環フック3個セット(税抜100円)を付けた仕様です。

 丸環フックは別売りとなります。

 

 

ーーーーーーーーーーーー
素材:アクリル透明
裏紙:紙
生産:日本製
サイズ:70×100仭宛紜武将によって異なる
ーーーーーーーーーーーー
シブい一品ですがプレゼントなどにもぜひどうぞ!!(笑)

 

カラビナ武将アクリルキーホルダー『信長』『盛親』『家康』(税抜700円)

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/karabina-busho

 

 

 

 

 

そして本日はちょっと家康のしかみ像についてのお話も・・・

どうぞお付き合いください^^

◆家康のしかみ像について◆

「徳川家康三方ヶ原戦役画像」通称「しかみ像」

  長い間、三方ヶ原の戦いの敗戦直後の家康の姿とされ「自身の慢心を戒めるためにその姿を描かせ、自戒のために座右に置いた」と伝わっていました。しかし平成27年8月、画像を所蔵されている徳川美術館様で開かれた講演会で、同館の学芸員・原史彦氏がほぼ答えとなる新説を公表されています。

 

 それによると通称『しかみ像』と呼ばれる絵は、江戸時代中期の尾張徳川家9代・徳川宗睦の養子に迎えられた徳川治行の妻で、紀伊徳川家から嫁いだ従姫(よりひめ)が1780年に持ち込んだ嫁入り道具であったことが判明。描かれた絵は三方ヶ原合戦の敗戦後の姿でなく、当時の仏教信仰の影響を強く受けた「半跏思惟」の姿勢であり、神格化された家康を象徴しての姿とのことです。

 

 またこの講演会で「三方ヶ原戦役画像」と呼ばれるようになった所以についても言明されています。

 「三方ヶ原戦役画像」と呼ばれるようになったのは実は最近の事で、昭和10年徳川美術館の開館時、創設者・徳川義親氏が「三方ヶ原敗戦の絵」として地元の新聞社の取材で紹介したことで定着したそうです。

 広くメディアでも取り上げられて知られるようになったものの「三方ヶ原の戦い」と結びつく史料的根拠がないこと、また明治以降は「長篠合戦の絵」という外箱とともに伝わっていたことでも知られています。ちなみに長篠の戦いとの関係も現状では分かっていないそうです・・・。

 

 一度広まると真実が歪曲してしまうことはよくあることで・・・明治時代の書物に残る「大谷吉継の膿(または鼻水)が入ってしまったお茶を気にせず飲み干した」という豊臣秀吉の逸話と同じかもしれません。

 いつの間にかこの逸話も、秀吉と吉継という主従間の美談ではなく、現在では石田三成と吉継との友情を示す美談として定着してしまっています。

 家康のしかみ像についても作品の由来や「徳川家康三方ヶ原戦役画像」という呼び名が変わる日が近いうちに来るのかも知れません・・・m(_ _)m

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -

【完全数量限定】戦国魂×ビクトリノックス『ビクトリノックス戦国墨絵コレクション』予約開始です!!

スイスの世界的ナイフブランドの『VictoriNox』
かつて、日本法人設立時の最初のコラボが『戦国魂』でした。

当時、発売されたコラボモデルは即完売だったため、今では持っている方も少なく、幻のコラボと言われています。

あれから、10年。
前回を上回るコラボが実現しました!

戦国魂×ビクトリノックス 『ビクトリノックス戦国墨絵コレクション』の先行予約が本日より数量限定で開始致しました!!><


戦国魂×ビクトリノックス 『ビクトリノックス戦国墨絵コレクション』


予約販売価格9,000円(消費税込:9,900円)
【予約受付期間:3月20日18時0分〜4月9日23時59分】

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/victorinox

≪全三種類≫

伊達政宗モデル
真田幸村モデル
石田三成モデル


■世界を魅了するビクトリノックスコラボ
かつて、ビクトリノックス日本進出初記念コラボとしてリリースされた『ビクトリノックス戦国コレクション』は、即完売したことから、戦国ファンの中でも幻のコラボと言われていました。

前回はマルチツールのミニサイズでしたが、今回はレギュラーサイズのマルチツールとして新登場!

表は墨絵師御歌頭による、本コラボ用に描き下ろしされた「伊達政宗」「真田幸村」「石田三成」の三将。
そして、裏面はかつて高い評価を得た戦国魂鈴木プロデューサーによる「戦国美」デザイン。
今回は、なんと2つのデザインを楽しめる贅沢な仕様となっています!

前回同様、桐箱に入れての販売となり、初期数量も少ないことから完売が予想されています。
今回、戦国魂の通販用に各30個を特別に分けていただきましたので、こちらを販売させていただきます。

出荷は4月10日の一般販売後となります。
※他の商品と同時に購入された場合、全て4月10日以降の発送となりますので、同梱を避けたい場合は個別に決済を行ってください。
※またご予約は決済完了まで済まされた方のみとなります。クレジットカード決済をおススメしております。

 

 

予約販売価格9,000円(消費税込:9,900円)
【予約受付期間:3月20日18時0分〜4月9日23時59分】

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/victorinox

完全数量限定商品となりますので、この機会をぜひお見逃しなく!!

 

 


■ビクトリノックス
Victorinox - 130年にわたる情熱

創業130年以上にわたって、ビクトリノックスは一貫して、オリジナル・マルチツールの伝統を受け継ぎ、品質と革新に取り組んできました。ファミリー企業であるビクトリノックスの経営理念は、継続的な成長を遂げる確固とした価値観に基づいています。

■歴史
まだ工業化の波が訪れる前の時代、ナイフがまだ職人の手によって小型の水力鍛造器でつくられていた頃、既にカール・エルズナーは組合を設立してスイス全土の刃物職人を結び付ける構想をもっていました。1891年、その構想は現実のものとなり、約30の刃物製造者が集まってスイス・マスター・カトラーズ組合を結成しました。

組合は技術に関する知識を共有する場としての役割を果たすだけでなく、スイスアーミー・ソルジャーナイフの製作を可能にし、スイス国内での生産を実現しました。組合ができる前は、スイスの数多くの独立鍛造所は、ドイツの蒸気動力によるナイフ生産にはとても太刀打ちできない状態でした。しかし、力を合わせることにより、スイスアーミーの需要を満たす数のナイフの生産が可能になり、ゾーリンゲンの製造会社に奪われていた契約を取り返したのです。

このことは結果的に、当時雇用状況が最悪だったスイスに雇用を創出しました。また、組合の会員は原材料の購入においても大量仕入れによる恩恵を受けられるようにもなりました。
127年におよぶ歴史の中で組合は大きく変化してきましたが、今もスイスの刃物業界で重要な役割を担っています。ビクトリノックスの創設者、カール・エルズナーの没後100周年を迎える今年は、現CEOのカール・エルズナーにとっても重要な記念の年です。そこで、スイス各地を巡るツアーという形式で、組合の会員の歴史と功績をご紹介いたします。いずれもビクトリノックスと今も親密な協力関係にある販売パートナーや刃物職人仲間、友人たちです。

■デザイン
優れたデザインには、形状、機能、人間工学がシームレスに一体化しています。
スイスは生活の質が高いことで世界に知られています。これには、スイスの美しい風景によるところが大きいのはもちろんですが、細部に対する伝説的なまでのこだわりも同様に貢献しています。結局のところ、本物の値打ちはいつもその細部にあるからです。

ビクトリノックスを導く一つの基本理念は、まさにそれです。ビクトリノックスでは焦点がずれることなく、最高のソリューション、理想的な機能性、完璧な形状を追求しています。これによって、ビクトリノックス製品の耐久性が高まるだけでなく、その外見も美しく魅力的なものになるのです。

長年にわたり、ビクトリノックスのこの理念は多くの称賛を得てきました。それがビクトリノックスに誇りをもたらし、さらに深く、より完璧なものへと駆り立てるのです。

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -

戦国魂LINEにて「「3」と言えばこの方々!?」投票受付中です^^

戦国魂のLINEサイト(@sengokudama)では本日から3月26日まで3にまつわる武将と言えばの投票を受け付けております。

ご協力いただいた全員に、300円OFFクーポンをプレゼント

※クーポンはオンラインショップにて3000円以上ご購入時にご利用いただけます。全品対象です♪

ぜひ投票にご参加ください!!^^

 

 

御城プロジェクト:RE〜CASTLE DEFENSE〜 祝『4周年』

城プロREグッズを1,059円以上ご購入の方に、戦国魂から感謝の気持ちを込めて『京都舞妓の茶 ぼーるチョコ』をプレゼント!!

http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/c/ShiroPro

 

★無くなり次第終了となりますので、お急ぎください♪

※本企画は戦国魂独自の感謝企画です。

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

3月16日(月)22時より放送の『にっぽん!歴史鑑定』は再放送「秀吉の中国大返しの真実」(BS-TBS様)

本日の『にっぽん!歴史鑑定』は再放送となりますが「汚名返上!武田勝頼と豊臣秀次は名君だった!?」です。

明智光秀や黒田官兵衛、今川義元など、最新研究によって今までのイメージとの相違が明らかになってきていますが、今回は勝頼と秀次!!現代で言う2世タレントの苦労・・・・ご覧になれます方はぜひお忘れなく!^^

【下記内容は番組HPより】
天正10年6月2日早朝。
戦国の歴史を大きく変えた「本能寺の変」が起こった。
天下取りを目前にしていた織田信長が家臣・明智光秀の謀反にあい、自害。
そんな主君の仇を討ったのは、豊臣秀吉だった!
備中高松城から決戦の地「山崎」までおよそ200キロを8日間で走破した、神業とも言われる強行軍「中国大返し」は、如何にして成し遂げられたのか?
備中高松城で、毛利軍との戦の最中だった秀吉が、なぜ、他の織田家の家臣たちよりも早く京都に戻る事ができたのか?
「中国大返し」成功の裏には、秀吉の巧みな情報操作と人心掌握術があった?
重い武具を装備しながらスピード移動を可能にした秘策とは?
実験で徹底検証!さらに、定説を覆す新たな説も!
そこには、秘策があった!?
中国大返し、そして、秀吉と光秀が対決した山崎の戦いまでの真相に迫る!

 

ナビゲーター:田辺誠一

 

#161「秀吉の中国大返しの真実」(再)

放送日:2020年3月16日(月)22:00〜22:54(BS-TBS)

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

スカイツリーは臨時休業中ですが、戦国魂天正記(東京ソラマチ店)は営業中です。

突然ですが、戦国魂天正記(東京ソラマチ店)の入っている東京スカイツリーのライティングが最近明るくなったのお気づきですか?(・・?

実は2020年2月27日からスカイツリーのライティングがパワーアップしております!!

本日のライティングは「粋」

 

ライトの数と設置場所が増えててっぺんまでかなり明るくライティングされるようになりましたので、都内の方はぜひ新しくなったスカイツリーを眺めてみてください^^

 

スカイツリーは臨時休業中ですが、東京ソラマチでは今月いっぱいを目途に短縮営業となっております。

営業時間は11:00〜20:00に変更されておりますので予めご了承下さいませ。m(_ _)m

 

◆戦国魂天正記◆

住所:東京都墨田区押上1-1-2
   東京スカイツリータウン・ソラマチ イーストヤード4F
営業時間:11:00〜20:00まで(短縮営業中)

休日:定休日なし

 

その他詳細につきましては戦国魂天正記(東京ソラマチ)HPでご確認下さい。

http://www.tokyo-solamachi.jp/shop/264/

戦国魂NEWS | permalink | comments(0) | -

3月14日(土)戦国BASARA「秋葉原ノ陣」グッズがいよいよ戦国魂WEBサイトで販売開始です!

戦国BASARA「秋葉原ノ陣」で先行発売されたグッズがいよいよ戦国魂のWEB通販開始です!^^

販売開始は2020年3月14日17:00より『戦国魂』オンラインショップとなります。

 http://sengokudama.jp/basara/

※一部在庫切れ商品や準備中商品もございますが、随時追加してまいります。

 

またオンラインショップ先行の為、戦国魂天正記(東京ソラマチ店)での販売開始日は未定となっております。予めご了承下さい。

戦国グッズ専門店「戦国市」 | permalink | comments(0) | -